近刊検索 デルタ

2021年9月29日発売

行舟文化

混沌の王

「名探偵オーウェン・バーンズ」シリーズ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
呪われた一族、屋敷、怪人、降霊会、雪の密室、変人探偵とワトソン役。「フランスの新本格作家」アルテ氏が好きなものだけを詰め込んだ、同好の士への最高の贈り物。本作で、美学者探偵オーウェン・バーンズがますます好きになりました。彼の言動や推理から目が離せません。そして、最後の一行の鮮やかさに脱帽!
—— 作家 大山誠一郎さん推薦!

●オーウェン・バーンズシリーズ第一作が待望の邦訳!


 夜、白い仮面を目にし、鈴の音を耳にしたら用心せよ――
 芸術家を目指す青年アキレス・ストックは、ロンドンで友人になった自称・名探偵オーウェン・バーンズから厄介な頼みを押しつけられる。自分の代役として、名門マンスフィールド家にまつわる呪いの調査をしてほしいというのだ。それも、依頼人の婚約者に成りすまして。
 長女の婚約を巡って愛憎渦巻くマンスフィールド家に集まるのは、やり手の貿易商とその腹心の部下、美しき夢遊病患者に高名な霊媒師……と、一癖も二癖もある面々。そして彼らは一様に、毎年の聖夜に現れて一族の誰かの命を奪うという白面の亡霊「混沌の王」の影に怯えていた。それはいにしえの伝承でなく、三年前のクリスマスにも当主の息子エドウィンが、完全な密室の中で殺されたのだという。
 そして「混沌の王」を呼び出し鎮めるための交霊会が開かれた夜、新たな殺人事件が発生し――過去と現在の二つの「雪密室殺人」が交差する、奇想と幻影の不可能犯罪ミステリ!
※短編小冊子「怪狼フェンリル」付き。
目次
1  死の鈴
2  奇妙な任務
3  雪のなかの人影
4  明かりが消えて
5  白い仮面
6  雪のなかの散歩
7  混沌の王
8  ドアがあいて……
9  霊よ、ここにいるのか? 
10 オーウェンの指示
11 不可能犯罪
12 最終準備
13 赤いクリスマス
14 翼のはえた死神
15 ウェデキンド警部の捜査
16 アリアドネの糸
17 次はハリーが
18 湖の幽霊
19 足は語る
20 オーウェンの謎解き
21 触らぬ神にたたりなし 
22 芸術の星のもとに
エピローグ
著者略歴
ポール・アルテ(ポールアルテ pooruarute)
フランスの推理作家。ジョン・ディクスン・カーに傾倒し、密室殺人などの不可能犯罪をテーマに、名探偵が活躍するクラシカルな本格ミステリを精力的に発表している。日本でも、2002年に邦訳された『第四の扉』以来、作品が3作連続で「本格ミステリ・ベスト10」の1位を獲得するなど高い評価を得る。
平岡敦(ヒラオカアツシ hiraokaatsushi)
フランス文学翻訳家。1955年千葉市生まれ。早稲田大学第一文学部仏文科卒、中央大学大学院仏文学専攻修了。大学在学中はワセダミステリクラブに所属。現在は中央大学、青山学院大学、法政大学等で仏語、仏文学を講じるかたわら、フランス・ミステリを中心に純文学、怪奇小説、ファンタジー、SF、児童文学、絵本など幅広い分野で翻訳活動を続けている。『この世でいちばんすばらしい馬』および『水曜日の本屋さん』で産経児童出版文化賞を、『オペラ座の怪人』で日仏翻訳文学賞を、『天国でまた会おう』で日本翻訳家協会翻訳特別賞を受賞する。そのほか主な訳書にグランジェ『クリムゾン・リバー』、アルテ『第四の扉』、ルブラン『怪盗紳士ルパン』がある。
タイトルヨミ
カナ:コントンノオウ
ローマ字:kontonnoou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

行舟文化の既刊から
竹本健治/選 谷口基/解説 劉臻/解説 池田智恵/翻訳 阿井幸作/翻訳 夏目漱石/著 ほか
ポール・アルテ/著、画 平岡敦/訳
千澤のり子/著 花芽宮るる/装画
芦辺拓/著/文 影山徹/装画 えのころ工房/挿絵
ポール・アルテ/著、画 平岡敦/訳
ポール・アルテ/著、画 平岡敦/訳
もうすぐ発売(1週間以内)
近刊:ランダム

>> もっと見る

新着:ランダム(5日以内)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。