近刊検索 デルタ

2021年4月1日発売

学芸みらい社

見えない世界を可視化する「哲学地図」

《ポスト真実》時代を読み解く10章
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ウイルス、情報、性、民族、国家、権力、暴力、陰謀、環境問題など、多様性と不確実性に満ちた出来事に直面し続ける現代を原理的、ジャーナリスティックにとらえる哲学の冒険。
目次
◆序 章:空白のスクランブル交差点 河本英夫  
◆第1章:情報とウェルビーイング 信原幸弘 
◆第2章:出来事と歴史の生成をめぐる試論 三重野清顕 
◆第3章:自覚なきアモータリズム 岩崎大
◆第4章:生命認識の捻れと逆説 小松美彦 
◆第5章:性というパフォーマンス 稲垣諭
◆第6章:民族という罠 河本英夫 
◆第7章:無名の生と権力の語り 廣瀬浩司
◆第8章:平等主義と暴力の基層 小山裕 
◆第9章:陰謀論を無毒化する 野村智清 
◆第10章:流れる歴史──海洋と地球温暖化 畑一成 
◎現代を読み解くキーワード集:世界の輪郭線
著者略歴
河本 英夫(カワモト ヒデオ kawamoto hideo)
1953年、鳥取県生。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了(科学史・科学基礎論)。現在、東洋大学文学部哲学科教授。専門は哲学・システム論・科学論。著書に『オートポイエーシス──第三世代システム』『〈わたし〉の哲学──オートポイエーシス入門』『哲学の練習問題』など多数。
稲垣 諭(イナガキ サトシ inagaki satoshi)
1974年、北海道生。東洋大学大学院文学研究科哲学専攻博士後期課程修了。文学博士。現在、東洋大学文学部哲学科教授。専門は現象学・環境哲学・リハビリの科学哲学。著書に『大丈夫、死ぬには及ばない──今、大学生に何が起きているのか』など多数。
タイトルヨミ
カナ:ミエナイセカイヲカシカスルテツガクチズ
ローマ字:mienaisekaiokashikasurutetsugakuchizu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
みらいパブリッシング:北山建穂 
文藝春秋:堂場瞬一 
廣済堂出版:紺野ぶるま 
講談社:はっとりひろき 
幻冬舎:小林由香 
講談社:谷口雅美 あわい 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。