近刊検索 デルタ

2020年9月30日発売

小鳥遊書房

魔術師  谷崎潤一郎妖美幻想傑作集

谷崎潤一郎妖美幻想傑作集
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
初期の耽美主義、怪奇、犯罪探偵趣味、私生活的幻想
谷崎作品のなかから、蠱惑的な短編をセレクト。

自己の欲望に忠実で、かつ總明で勤勉な人間だけが到達できる洞察力を通し、谷崎が見出した真実の輝き。
目次
「刺青」
「秘密」
「憎念」
「人魚の嘆き」
「魔術師」
「人面疽」
「覚海上人天狗になる事」
「或る漂泊者の俤」
「私」
「或る罪の動機」
「少年の記憶」
「生まれた家」
「恐怖」
「詩人のわかれ」
「二月堂の夕」
著者略歴
谷崎 潤一郎(タニザキ ジュンイチロウ tanizaki junichirou)
1886年7月24日~1965年7月30日。日本の小説家。代表作に『細雪』『痴人の愛』『蓼食う虫』『春琴抄』など。
長山 靖生(ナガヤマ ヤスオ nagayama yasuo)
評論家。1962年、茨城県生まれ。鶴見大学歯学部卒業。歯学博士。文芸評論から思想史、若者論、家族論など幅広く執筆。1996年『偽史冒険世界 カルト本の百年  ちくま文庫』(筑摩書房)で大衆文学研究賞、2010年『日本SF精神史 幕末・明治から戦後まで』(河出書房新社)で日本SF大賞、星雲賞を受賞。2019年『日本SF精神史【完全版】』で日本推理作家協会賞受賞。他の著書等に『鴎外のオカルト、漱石の科学』(新潮社)、『「吾輩は猫である」の謎』(文藝春秋)、『文豪と酒  酒をめぐる珠玉の作品集』(中央公論新社)、『文豪と東京 明治・大正・昭和の帝都を映す作品集中公文庫』(中央公論新社)のほか、編集に携わる形で、『羽ばたき 堀辰雄初期ファンタジー傑作集』、『詩人小説精華集』、『魔術 芥川龍之介 幻想ミステリ傑作集』など(すべて、彩流社)を刊行している。
タイトルヨミ
カナ:マジュツシ
ローマ字:majutsushi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

小鳥遊書房の既刊から
マリオン・イングラム/著 村岡美奈/翻訳 北美幸/翻訳 寺田由美/翻訳
ジュリエット・コーノ/著 牧野理英/翻訳
谷崎潤一郎/著 長山靖生/著・編集
もうすぐ発売(1週間以内)
アリス館:まはら三桃 めばち 
集英社:出水ぽすか 白井カイウ 
筑摩書房:恩田陸 
KADOKAWA:サラブレ編集部 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。