近刊検索 デルタ

2022年8月8日発売

はるかぜ書房

誰が太平洋戦争を開戦させたのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
平和を希求した三人の足跡を辿る。
知られざる地道な活動の数々を膨大な史料をもとに、平和主義者の系譜として纏めた労作!

ジャーナリスト・政治家の石橋湛山
差別と戦った外交官埴原正直
天皇宛米国大統領親書草案を作成したイェール大学教授朝河貫一
目次
序「ふりかえりみればはづかしきかな」    
昭和天皇の言葉から          
昭和天皇の胸中とは…  
石橋湛山と二人の平和主義者  
世界に目を開いた三賢人の関係を追う
第一章 石橋湛山、人生は心の解放から始まった
少年期の幸運な出会い             
軍の機能的な人事管理から学ぶ  
人のつながりからリベラルな論調が生まれる   
米国の移民排除は危険な争いをまねく
第二章 湛山は日本が植民地を放棄すれば
国際的に有利と説いた
「一切を棄つるの覚悟」から見た日本外交
植民地支配は日本の利益にならない
軍事面でも日本の利益にならない
戦争に向かう時代と対峙する湛山は独ソ接近の意味を明らかにした
政治への軍人の干渉に対して……
開戦直前、国際情勢の戦局に関する成り行きを語る
湛山は敗戦直前「老婆心」を政府に示した
第三章 若くして生きがいを見つけた埴原正直
子供のころからアメリカに関心をもった
東京専門学校入学以後、外交官をめざす
日露講和会議随員として参加、米国日本人移民の
実情を調査
シベリア出兵時、ポーランド孤児を救済した逸話
について
第四章 人種差別と闘った埴原正直の外交活動
サンフランシスコ日本人学童隔離事件
東洋人への排斥気運
当時のカリフルニアの新聞では、
排日がエスカレートして「排日土地法」成立へ
パリ講和会議後、米国で排日の動き加速
ワシントン軍縮会議での埴原の評価埴原は連邦政府と州政府という二つの当事者を相手
に苦戦を強いられた。
埴原正直~全権大使として「「排日移民法」」と闘う
反日派の格好の標的となった「埴原書簡」
「重大な結果」=「覆面の威嚇」の意図的曲解で「排日
移民法」成立へ
「排日移民法」に対する湛山と埴原の文通からわかるこ
と……
外交官退職の講演で婦人の活躍に期待
在野の論客としての晩年 湛山とのつながり
市井の人としての埴原から学ぶこと
「排日移民法」の修正は出現したか……
第五章 海を渡った知の巨人 朝河貫一
英語辞書食いと呼ばれた少年時代
恩師ハリファクッス解雇に反対する建白書
東京専門学校時代のキリスト教への意思
クリスチャンとして米国留学
朝河は日本の文化を広く世界の紹介した
日露戦争に至る日本を論じた『日露衝突』朝河は日露戦争勝利に警告した
日本の世界での孤立の始まりを朝河は捉えていた
東洋における日米対立は避けることが賢明である
第六章 ついに実らなかった朝河貫一の平和活動
第一次世界大戦の日本の朝河は怒りを覚えた
朝河は「排日移民法」と埴原をどうとらえていたか
湛山は朝河から思想的影響を受けたか?
朝河は日本の軍国化に警鐘を鳴らし続けた
朝河はナチスドイツの裏の顔を暴いた
朝河は一九四一年時点でヒトラー自殺を予言した
戦争回避の最後の望みをルーズベルトから天皇への
親書送付に託す
朝河の大統領親書原案と実際の大統領親書
大統領からの親書が日本に到着したが……
朝河の戦後日本構想はあったのか
祖国日本の敗戦を前にして……
敗戦後の日本について朝河は識者と論議した
日本人に遺した朝河の詩文について
著者略歴
後藤臣彦(ゴトウトミヒコ gotoutomihiko)
一九四五年(昭和二〇年)山梨県甲府市生まれ。甲府第一高等学校卒。早稲田大学文学部中退。雄弁会所属。日本大学で古田会頭(当時)脱税事件発覚にともない全学共闘会議の秋田明大議長を擁立し、支援する。その後、郷里の山梨に帰り、後藤染工株式会社代表取締役として経営に携わる。駿台甲府高校PTA会長。甲府シティーロータリークラブ会長のほか、日本砂漠緑化実践協会相談役(故・遠山正瑛先生に師事して中国の砂漠緑化事業を推進中。二〇〇二(平成一四)年、甲府市長選挙に出馬し、市政改革を訴える。 著書 『政治の品格―石橋湛山と遠山正瑛に学ぶ』(原書房・二〇〇六年(平成一八年)
タイトルヨミ
カナ:ダレガタイヘイヨウセンソウヲカイセンサセタノカ
ローマ字:daregataiheiyousensouokaisensasetanoka

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
ザ・殺人術
人の殺し方を本にしていいのか

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)
河出書房新社:米本浩二 
SBクリエイティブ:千羽十訊 ミュシャ 
牧歌舎:飯田廣恒 
信山社出版:佐藤裁也 
KADOKAWA:七星ドミノ 縞 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。