近刊検索 デルタ

10月30日発売予定

花鳥社

新版 徒然草抜書 表現解析の方法

表現解析の方法
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
名著、待望の復刊!
従来の解釈では理解しにくい5つの章段を選び、文献学的方法に基づく手順を踏みながら表現を解析。古典文学作品を解釈するための方法について基本から考えなおす。表現の核心に迫ってゆく楽しさがここに!

*本書は講談社学術文庫版(1990年刊)に、あらたに小川剛生氏の「解説」を加えて刊行するものです。
目次
はしがき
謝辞
前言

序章 文献学的解釈の基礎
1 諸伝本の表記
2 二種類の仮名遣
3 清濁の識別

第一章 つれづれなるまゝに
1 つれづれなるままに
2 清むか濁るか
3 付かず離れずの関係
4 語源信仰の危険性
5 帰納される意味
6 母音交替形の意味領域
7 兼好の真意

第二章 うしのつの文字
1 謎を解いたのはだれか
2 文字習得の過程
3 「こいしく」の必然性
4 牛の角文字
5 すぐな文字
6 謎ときの筋道
7 かわいらしさの抹殺
付 かたかんなの和歌

第三章 土偏に候ふ
1 文字史からの検討
2 場面の理解
3 有房の意図
4 いづれのへんにか侍らん
5 質問と解答とのすれ違い
6 自筆原本の表記
7 中間のまとめ
8 どよみになりて
9 兼好の意図
補 「イヅレヘン」

第四章 蜷といふ貝
1 極端な異文
2 蜷といふ貝
3 文献資料にみえる「蜷」Ⅰ
4 文献資料にみえる「蜷」Ⅱ
5 兼好の意図
6 漢字表記の必然性
7 異文成立の理由
8 兼好の軌範意識
9 語形変化の動因

第五章 いみじき秀句
1 秀句の所在
2 法師は「法の師」か
3 法師とよばれない僧侶たち
4 惟継と円伊との人間関係
5 いみじき秀句
6 方法上の諸問題

結語

引用文献
解説(小川剛生)
著者略歴
小松 英雄(コマツ ヒデオ komatsu hideo)
出生 1929年、東京。 筑波大学名誉教授。文学博士。 著書 日本声調史論考(風間書房・1971) 国語史学基礎論(笠間書院・1973:増訂版 1986:簡装版 2006) いろはうた—日本語史へのいざない(中公新書 558・1979:講談社学術文庫・2009) 日本語の世界7〔日本語の音韻〕(中央公論社・1981) 仮名文の原理(笠間書院・1988) やまとうた—古今和歌集の言語ゲーム(講談社・1994) 仮名文の構文原理(笠間書院・1997:増補版 2003:増補版新装版 2012) 日本語書記史原論(笠間書院・1998:補訂版 2000:新装版 2006) 日本語はなぜ変化するか—母語としての日本語の歴史(笠間書院・1999:新装版 2013) 古典和歌解読—和歌表現はどのように深化したか(笠間書院・2000:増補版 2012) 日本語の歴史—青信号はなぜアオなのか(笠間書院・2001:新装版 2013) みそひと文字の抒情詩—古今和歌集の和歌表現を解きほぐす(笠間書院・2004:新装版 2012) 古典再入門—『土左日記』を入りぐちにして(笠間書院・2006) 丁寧に読む古典(笠間書院・2008) 伊勢物語の表現を掘り起こす—《あづまくだり》の起承転結(笠間書院・2010) 平安古筆を読み解く—散らし書きの再発見(二玄社・2011) 日本語を動的にとらえる—ことばは使い手が進化させる(笠間書院・2014) 土左日記を読みなおす—屈折した表現の理解のために(笠間書院・2018) 解説執筆 小川剛生(おがわ・たけお 慶應義塾大学文学部教授)
タイトルヨミ
カナ:シンパンツレヅレグサヌキガキ
ローマ字:shinpantsurezuregusanukigaki

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

花鳥社の既刊から
曽倉岑/著
松尾葦江/編 坂井孝一/著 小井土守敏/著 鈴木元/著 藪本勝治/著 西村知子/著 ほか
風土記研究会/編
島内景二/著

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。