近刊検索 デルタ

2021年9月16日発売

花鳥社

王朝日記の魅力

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
古典が現代人の日常を問い直している。

「それぞれの日記は、独自の個性を持っている。また、「人生」を見つめる視点に、異なる流儀を貫いている。その素晴らしき多様性に、日々、圧倒される思いだった」——「はじめに」より

NHKラジオ講座「古典講読」で話題の著者が、『新訳更級日記』『新訳和泉式部日記』『新訳蜻蛉日記 上巻』で尽くしきれなかった、王朝日記の魅力を存分に描き出す。
いまを生き抜くヒントに満ちた王朝日記の世界へようこそ!

本書は『新訳更級日記』『新訳和泉式部日記』『新訳蜻蛉日記 上巻』の姉妹版です。
NHKラジオ放送と連動して、それぞれの全文を現代語訳しましたが、放送では話したものの既刊3冊には含まれていない台本を基にして書き下ろしました。
内容はまったく重複していません。
『蜻蛉日記 中巻』のエッセンス、『更級日記』の作者が書いたとされる複数の物語の鑑賞、和泉式部が残した和歌の鑑賞、にて構成。

【好評既刊】
新訳更級日記(定価1,980円、2020年3月刊)
新訳和泉式部日記(定価1,870円、2020年10月刊)
新訳蜻蛉日記 上巻(定価1,980円、2021年5月刊)
目次
はじめに

I『蜻蛉日記』中巻の魅力
1 安和の変、起きる
2 道綱、賭弓で大活躍する
3 唐崎祓い
4 道綱、鷹を空に放つ
5 石山詣で・その一
6 石山詣で・その二
7 新しいライバル「近江」
8 鳴滝に籠もる・その一
9 鳴滝に籠もる・その二
10 初瀬詣で、再び
11 床離れ、下巻のあらまし
12 『蜻蛉日記』と近代小説

II『更級日記』の魅力
1 『源氏物語』から『更級日記』へ
2 『夜の寝覚』への誘い
3 『浜松中納言物語』と『源氏物語』
4 『更級日記』と近現代文学

III『和泉式部日記』の魅力
1 和泉式部の人生と文学
2 和泉式部の和歌
3 和泉式部と紫式部
4 『和泉式部日記』と現代

おわりに
著者略歴
島内 景二(シマウチ ケイジ shimauchi keiji)
1955年長崎県生 東京大学文学部卒業、東京大学大学院修了。博士(文学) 現在 電気通信大学名誉教授 2020年4月から2年間、NHKラジオ第2『古典講読・王朝日記の世界』を担当。 主要著書 『新訳 更級日記』(花鳥社) 『新訳 和泉式部日記』(花鳥社) 『新訳 蜻蛉日記 上巻』(花鳥社) 『和歌の黄昏 短歌の夜明け』(花鳥社) 『塚本邦雄』『竹山広』(コレクション日本歌人選、共に、笠間書院) 『源氏物語の影響史』『柳沢吉保と江戸の夢』『心訳・鳥の空音』(共に、笠間書院) 『北村季吟』『三島由紀夫』(共に、ミネルヴァ書房) 『源氏物語に学ぶ十三の知恵』(NHK出版) 『大和魂の精神史』『光源氏の人間関係』(共に、ウェッジ) 『文豪の古典力』『中島敦「山月記伝説」の真実』(共に、文春新書) 『源氏物語ものがたり』(新潮新書) 『御伽草子の精神史』『源氏物語の話型学』『日本文学の眺望』(共に、ぺりかん社) 歌集『夢の遺伝子』(短歌研究社) 『楽しみながら学ぶ作歌文法・上下』(短歌研究社)
タイトルヨミ
カナ:オウチョウニッキノミリョク
ローマ字:ouchounikkinomiryoku

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

花鳥社の既刊から
島内景二/著
小林とし子/著
久保木哲夫/著 加藤静子/著
小町谷照彦/著 倉田実/責任編集
島内景二/著
もうすぐ発売(1週間以内)
共立出版:小泉義晴 千葉雅史 内田ヘルムート貴大 
講談社:EVILLINERECORDS 相羽紀行 百瀬祐一郎 
フォト・パブリッシング:諸河久 寺本光照 
さ・え・ら書房:黒川裕子 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。