近刊検索 デルタ

2019年12月6日発売

遊泳舎

26文字のラブレター

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「恋に焦がれて鳴く蝉よりも 鳴かぬ蛍が身を焦がす」

江戸末期〜明治にかけて流行した26文字の唄「都々逸(どどいつ)」。本書では、恋愛にまつわる60作品を現代解釈を交えたイラストとともに紹介します。
さらに、スペシャルコラム「都々逸を詠む」では、現代の作家やアーティストの方々による、オリジナル都々逸を掲載。
時代を超えてよみがえった珠玉の恋の唄を、じっくりと味わってみてください。

○都々逸とは?
俳句が「5・7・5」、短歌が「5・7・5・7・7」であるのに対し、都々逸は基本的に「7・7・7・5」の形式になっているのが特徴です。
寄席で三味線を弾きながら唄われるなどして親しまれ、唄い継がれてきたものが多かったため、思わず口ずさみたくなるような独特のリズムを持っています。
目次
○恋に落ちる
○恋に破れる
○恋に溺れる
○恋に笑う
○恋こがれる
○恋に狂う

○SPECIAL COLUMN「都々逸を詠む」
・川嶋あい (シンガーソングライター)
・伊波真人 (歌人)
・わかつきひかる (作家)
・ボンジュール鈴木 (シンガーソングライター)

○都々逸の作り方
著者略歴
遊泳舎(ユウエイシャ yuueisha)
いとうあつき(イトウアツキ itouatsuki)
1990 年生まれ。東京都在住。文教大学教育学部卒業。 2016 年よりフリーランスのイラストレーターとして活動。 Web: itoatsuki.tumblr.com/ Twitter: @atuki2126 Instagram: @atsuki_ito_
タイトルヨミ
カナ:ニジュウロクモジノラブレター
ローマ字:nijuurokumojinoraburetaa

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

遊泳舎の既刊から
秋カヲリ/著 momomosparkle/絵
出口かずみ/著
遊泳舎/編集 いとうあつき/イラスト
あわい/イラスト 遊泳舎/編集
遊泳舎 最近の著作
もうすぐ発売(1週間以内)
プレジデント社:
星海社:Cygames CLAMP 小野ミサオ かめれおん おえかきえんぴつ ほか
朝日新聞出版:伊坂幸太郎 
白夜書房:紺野貴子 小林美咲 米本英美 
日本実業出版社:中川右介 
講談社:講談社 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。