近刊検索 デルタ

2020年12月24日発売

聖学院大学出版会

マーティン・ルーサー・キング・ジュニア そのキリスト教と民主主義

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの思想と活動は、キリスト教と民主主義に深く根ざしているをテーゼとして、彼の生涯の前半を中心に丁寧に紐解くことを試みた一冊。
目次
序章
第1章 「ブラウン判決」とリリアン・E.スミス
     ――『今こそその時』を中心にして――
第2章 ローザ・パークス
     ――パークスの個人史とキングの思想や運動との交錯を見据えて――
第3章 「第1回モンゴメリー改良協会大衆集会演説」とモンゴメリー・バス・ボイコット運動 
第4章 バーミングハム運動とキングの「バーミングハム獄中書簡」
     ――白人聖職者たちの声明との対決を通して――
第5章 ワシントン大行進と「私は夢をもつ」演説

第6章 キングの「夢」演説と説教
     ――その「夢」はキリスト教と民主主義に深く根差している――
第7章 セルマ行進とその終結演説
終章
附章 書評
著者略歴
森田美千代(モリタミチヨ moritamichiyo)
森田美千代(もりた・みちよ) 1946年生まれ。国際基督教大学大学院修士課程教育学研究科修了(教育学修士)。ドルー大学神学部Master of Studies 修了(神学修士)。 ドルー大学大学院博士課程アメリカの宗教と文化専攻修了(Ph.D.)。現在,聖学院大学大学院客員教授。 著書 Horace Bushnell on Women in Nineteenth-Century America(University Press of America),『「キリスト教養育」と日本のキリスト教』(教文館),『ブッシュネル「キリスト教養育」の成立過程研究』(日本キリスト教団出版局),『人間の生と教育』(創言社), 『真実なるものここにあり』(創言社)ほか。 訳書 ホーレス・ブッシュネル『キリスト教養育』(教文館),『理想の大学』(創言社)ほか。
タイトルヨミ
カナ:マーテイン ルーサー キング ジュニア ソノキリストキョウトミンシュシュギ
ローマ字:maatein ruusaa kingu junia sonokirisutokyoutominshushugi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
近刊:ランダム

>> もっと見る

新着:ランダム(5日以内)

>> もっと見る


連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。