近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
エッセイスト・小島慶子も絶賛!!
【帯より】
「まぶたの裏に流れる、不思議な幾何学模様
眠りに落ちる瞬間の心もとなさ 人混みで感じる孤独
からだに閉じ込められた景色を 音と色彩に翻訳した、魔法の本」―小島慶子

【あらすじ】
そらごとの世界をさまよう「月」が、
さまざまな生き物がうごめく世界を旅しながら、
「虚構とはなにか?」を問いかけてくる物語です。
背景に広がるのは、宇宙の果てなのか、未来なのか、
人体の中なのか、ゴミの山なのかもわからない不思議な世界。
その旅の先に待ち受けているものとは……。

【魅力】
長田真作の持つ多面的な魅力にどっぷり浸ることができます。
2色のインクを使い、幾何学模様で描かれたふしぎな世界。
静かに語りかけてくる、独特のリズムを持つ詩のような言葉。
読んだあとに必ず、何かを考えさせられる。
この絵本の解釈に正解はありません。
著者略歴
長田 真作(ナガタ シンサク nagata shinsaku)
長田 真作(ながた しんさく) 1989年生まれ、広島県出身。 2016年に『あおいカエル』(文・石井裕也/リトル・モア)で絵本作家としてデビュー。 『きみょうなこうしん』『みずがあった』『もうひとつのせかい』(以上、現代企画室)、 『風のよりどころ』(国書刊行会)、 『すてきなロウソク』(共和国)、 『とじてひらいて』(高陵社書店)など多数の作品を手がける。
タイトルヨミ
カナ:ソラゴトノツキ
ローマ字:soragotonotsuki

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

303 BOOKSの既刊から
熊川哲也/監修 粟津泰成/イラスト 神戸万知/著
長田真作/著
長田真作/著
長沼毅/監修 大橋慶子/イラスト
もうすぐ発売(1週間以内)
技術評論社:高橋正和 荒木粧子 池上美千代 岡田良太郎 唐沢勇輔 北澤麻理子 ほか
平凡社:長岡美代 
双葉社:春野恵 
アリス館:ともながたろ なかのひろみ 
光文社:佐々木功 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。