近刊検索 デルタ

2022年12月5日発売

303 BOOKS

出版社名ヨミ:サンマルサンブックス

ホントのコイズミさん YOUTH

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
Spotifyオリジナルの大人気ポッドキャスト『ホントのコイズミさん』
待望の書籍化!シリーズ第1弾「YOUTH」

小泉今日子が毎回、本や本に関わる人たちと語らいながら、新たな扉を開くヒントになる言葉を探していくポッドキャスト番組『ホントのコイズミさん』が、本になりました。

一部未公開部分も含み、各ゲストと連動した本だけの企画ページと一緒に、ゲストとのトークが活字と写真でよみがえります。

『貴重なお話をたくさん聞けそうだとはなから思っていた私は、読む「ホントのコイズミさん」を密かに企てていました。まずは「YOUTH」から。振り返らないと見えない青春の扉を一緒に開いてくださったら幸いです。 小泉今日子』(本書あとがきより)


【YOUTH】
ゲスト:松浦弥太郎さん(COW BOOKS)
ゲスト企画
対談で10代の思い出を語り合ったおふたりが10代のころの宝ものを見せ合いました。

ゲスト:竹田信弥さん 田中佳祐さん(双子のライオン堂)
ゲスト企画
毎月読書会を行っている双子のライオン堂で、コイズミさんが読書会に初参加しました。

ゲスト:中村秀一さん(SNOW SHOVELING)
ゲスト企画
対談でも登場した、SNOW SHOVELINGの名物商品「Blind Date with a Book!」。おふたりがそれぞれ選んだ本(=お題)にメッセージをつけた〈ホンコイSPECIAL VERSION〉を作成しました。

ゲスト:江國香織さん(作家)
ゲスト企画
対談で語られた、おふたりにとってかけがえのない存在であるワンちゃん、猫ちゃんたち。その愛おしい暮らしぶりが綴られたおふたりの作品を紹介します。

そのほかに「YOUTH」にちなんだ内容の一問一答や、対談時にコイズミさんが着ていた服を紹介する「#コイズミさん Outfit of The Day」など、ミニコーナーも。
目次
【CONTENTS】

Chapter.1 松浦弥太郎
ホントのマツウラさんに一歩踏み込む 一問一答
松浦さんとコイズミさんの10 代のころの宝もの

Chapter.2 双子のライオン堂 竹田信弥・田中佳祐
ホントのタケダさん・タナカさんに一歩踏み込む 一問一答
コイズミさん、「読書会」に初参加

Chapter.3 SNOW SHOVELING 中村秀一
ホントのナカムラさんに一歩踏み込む 一問一答
コイズミさんと Blind Date with a Book!

Chapter.4 江國香織
ホントのエクニさんに一歩踏み込む 一問一答
本で出会う 雨さん、小雨さん、小福田さん。

ホントのコイズミさんに一歩踏み込む 一問一答

あとがき
著者略歴
小泉 今日子(コイズミ キョウコ koizumi kyouko)
編著【小泉 今日子】 神奈川県生まれ。1982年『私の16才』で芸能界デビュー。以降、歌手・俳優として、舞台や映画・テレビなど幅広く活躍。2015年より代表を務める「株式会社明後日」では、プロデューサーとして舞台制作も手掛ける。文筆家としても定評があり、著書に『黄色いマンション 黒い猫』(スイッチ・パブリッシング/第33回講談社エッセイ賞)、『小泉今日子書評集』(中央公論新社)など多数。
タイトルヨミ
カナ:ホントノコイズミサン ユース
ローマ字:hontonokoizumisan yuusu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
一番やさしい俳句再入門
実は俳句の本をけっこう出しています

-- 広告 -- AD --

303 BOOKSの既刊から
カワダクニコ/著
もうすぐ発売(1週間以内)
Gakken:宮野公樹 
風媒社:溝口常俊 
ベースボール・マガジン社:佐藤和也 
中央公論新社:安倍晋三 橋本五郎 尾山宏 北村滋 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。