近刊検索 デルタ

3月3日発売予定

すみれ書房

増補版 自分を知る本

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
【自分の取扱説明書、決定版!】
才能と強味、弱さを知るだけで、人生が明るく自由なほうへ変わり出す。なんとなく「自分はこういう人」というイメージを持っています。でもそのイメージはあなたの本当の姿でしょうか。無理のない「自分」でしょうか。魂が深い部分で喜ぶ自然体の状態でしょうか・・・・・・。というのも、社会で生きるなかで、知らず知らずのうちに「いい人」「常識的な人」「周囲に望まれる自分」を演じてしまっているところがあります。あるいは「こうあるべきだ」という思い込みで自分を縛っている人もいます。著者の橙花さんが日々数秘の鑑定をするなかで、ほとんどの人が「自分を知らない」ということを実感しているそう。たとえば、ツバメに「泳ぎなさい」といっても無理。ツバメの体は泳ぐようにはできていないからです。ところが本来ツバメなのに必死で泳ごうとして「泳げない自分はダメな存在だ」と自分にダメ出しをしている人がどれだけいることでしょう。ツバメは空を飛ぶことで鳥としての真価を発揮します。鳥が泳ごうとするのをやめて、翼を広げて大空を飛ぶことを知ったとき、本当の自由を手に入れ、人生を思い切り楽しめることでしょう。「自分を知る」とはそういうことです。本書は「自分の取り扱い説明書」です。
 自分に興味を持って本書を使いこなすことで、いままでの謎がとけるかもしれません。日々がこれまで以上に楽しくなる人も、仕事へのモチベーションが上がる人もいるでしょう。生きづらさを抱えている方にはぜひカバラを知ってほしいと思います。もっともっと飛躍したい、才能を生かしたいという方も、カバラをうまく使うことでより大きな花が開花するはずです。
【さらに進化した増補版】
2018年7月に文響社より刊行したデビュー作の増補版。ひとりの人間の「生まれてから死ぬまで」を3つの数字(魂の数、鍵の数、使命数)で読み解く橙花式数秘術。今回の増補内容は「魂の数」について。前著出版後、さらに多くの鑑定を重ねることによって、新しい気づきを得た新解釈で書かれた気合の入った原稿をお楽しみください。
【あなたの数字】
橙花式カバラ数秘術では、人は生まれながらにして3つの数字を持つと考えます。3つの数字は誕生日によって決まります。
① 魂の数 0歳から12歳くらいまで強く表れ、その後も人生の土台となる数字
② 鍵の数 人生のメインストーリーをあらわす数字
③ 使命数 だいたい40歳すぎから現れる人生のミッションとなる数字
あなたの数字は、QRコードから自動計算してみてください。
【各数字の特徴】
1仲間を大切にするリーダー
2慈愛にあふれる稀有な存在
3誰からも大切にされる「お宝」
4目的志向の強い頭脳派
5キラキラな魅力に満ちたファンの多い人
6甘いものが大好きなお姫さま
7クール、ツンデレ、孤高の賢者
8誇り高く、自尊心の強い、生まれながらの皇帝
9正しき道に人をいざなう善意の人
11人を助け、導くモーゼのような人
22強くしなやかに、夢を実現していく
33あらゆることにとらわれない自由人
目次
第1章 自分の数字を知る
第2章 鍵の数
・本質
・大切なこと
・仕事
・恋愛結婚
・特徴いろいろ
第3章 魂の数
・子ども時代のストーリー
第4章 使命数
第5章 橙花からの手紙
著者略歴
橙花(トウカ touka)
カバラ数秘術研究家・タロット占術家、カバラ数秘術講師。 店舗デザインの仕事での悩みを抱えていたときに、カバラ数秘術と出会い、深い魅力にとりつかれる。 書物による研究で基本を習得した後、実践を重ね、オリジナルの「橙花式カバラ数秘術」を培う。 これまで鑑定経験は5000名以上にのぼり、本書はそのたくさんの生の声から得た知見をまとめたもの。 数秘術の講座も定期的に開催し、毎回満員になっている。空手初段。篠笛奏者。著書に『相性を知る本』(すみれ書房)がある。
タイトルヨミ
カナ:ゾウホバン ジブンヲシルホン
ローマ字:zouhoban jibunoshiruhon

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

すみれ書房の既刊から
石井ゆかり/著 カシワイ/イラスト
加茂谷真紀/著 本田亮/イラスト
本日のピックアップ
創元社:橋爪節也 
北大路書房:大串健吾 桑野園子 難波精一郎 小川容子 谷口高士 中島祥好 ほか

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。