近刊検索 デルタ

2020年6月30日発売

Hagazussa Books

マインドトーク あなたと私の心の話

あなたと私の心の話
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「私は女性で、自分の人生に傷付いたり立ち直ったりしながら生きてきた、そんな『普通』の人間だ。あえてカテゴライズするならば、臨床心理士で、女性のパートナーがいるというだけ。でももしかしたら、その『ありのままの姿』で発信することが、時に誰かの心の拠り所になり得るかもしれない。だからこそ、私の知っていることを、学んできたことを、そして問題として捉えていることを、とにかく伝え続けようと思ったのだ。」(本書第1章より)

SNSで注目を集める、臨床心理士・みたらし加奈の初の心理学エッセイ。同性のパートナーと配信するYouTubeチャンネル「わがしChannel」のKANAとしても人気の彼女が、LGBTQ、メンタルヘルス、いじめ、ジェンダーギャップ、家族・友達・パートナー・職場の人との人間関係など、自身の体験を包み隠さず伝えることで、悩みを抱えるすべての人たちとの対話を試みる。

What is most personal is most general.(最も個人的なことは、最も一般的なことである)
-カール・ロジャーズ
目次
序章

第1章 変えたい
「みたらし加奈」の誕生、新時代のカウンセリング方法、メディアへの出演

第2章 愛されたい
転校、お受験の失敗、いじめ、性的暴行、家族問題

第3章 変わりたい
見た目への劣等感、リストカット、男性に対する違和感、フェミニズム、メンタルの崩壊

第4章 知りたい
親友との出会い、マスメディアに対する葛藤、うまくいかなかった就職活動、臨床心理の大学院への進学、自分自身と向き合う

第5章 愛したい
女性との初めての恋愛、人間関係の構築、差別、生きづらさ、カミングアウト、同性婚、声をあげる重要性
 
Q&A
SNSに寄せられた質問への回答集

おわりに
著者略歴
みたらし 加奈(ミタラシ カナ mitarashi kana)
1993年、東京都生まれ。臨床心理士。SNSを通して、精神疾患の認知を広める活動を行なっている。大学院卒業後は、総合病院の精神科にて勤務。現在は、フリーランスの活動をメインに行っている。女性のパートナーと共にYoutubeチャンネル「わがしChannel」も配信中。
タイトルヨミ
カナ:マインドトーク
ローマ字:maindotooku

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

Hagazussa Booksの既刊から
小林勇輝/著
本日のピックアップ
青弓社:吉井潤 柏原寛一 
大蔵財務協会:椎谷晃 
大蔵財務協会:小原清志 
ロングセラーズ:池口恵観 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。