近刊検索 デルタ

2020年10月1日発売

Hagazussa Books

授業づくりの診断書

教師が変わる・児童生徒も変わる 
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「良い授業」とは何か--?

正解が示されていないからこそ悩み、その答えを導き出すために苦心している教師は少なくない。昨今ではさらに、休日を返上して部活動や授業準備に追われ、心身の不調、労働環境の改善を訴える声も高まっている。ならば、そんな教師たちの苦悩を少しでも軽減できる方法はないか--。

その思いから立ち上がったのが、これまで6500以上の授業を観てきた授業づくりのプロ集団・RTF教育ラボだ。本書には、教師たちの授業研修やサポートに取り組んできた彼らの「良い授業」を作り上げるための知見が詰め込まれている。手探りで進むのではなく、“観点”を知ることがゴールへの近道だ!
目次
●はじめに
●本書の活用イメージ

第1章 良い授業とは何か
第2章 授業の観点の基本的な考え方
第3章 授業の観点
第4章 診断票の活用方法とつくり方
 1.授業診断に繋げる診断票の活用
 2.校内研修・研究授業における診断票の活用方法
 3.ステップアップの手立て
 4.診断票の作り方と留意事項

第5章 診断票のサンプル
第6章 授業研修実践例

●おわりに
著者略歴
村上 敬一(ムラカミ ケイイチ murakami keiichi)
RTF教育ラボ代表。教育ファシリテーター。東京都公立中学校学校運営協議会委員。約15年間、全国の国公立私立の小学中学高校大学および塾・予備校の授業観察を行い、トータルの授業観察数は4500を超える。その経験を還元すべく全国の教育委員会および学校の研修講師を担当。また14年間にわたり毎年約150名の教員志望者も育成。
西村 豊(ニシムラ ユタカ nishimura yutaka)
RTF教育ラボ副代表。東京都公立小・中・小中一貫校元校長。元校長会長。
吉村 雄二(ヨシムラ ユウジ yoshimura yuuji)
RTF教育ラボ理事。東京都公立中学校元校長。
野田 雅満(ノダ マサミチ noda masamichi)
RTF教育ラボ企画業務部長。島根県公立小学校元教員。一般社団法人 政治検定協会 代表理事。
RTF教育ラボ(アールティーエフキョウイクラボ aarutiiefukyouikurabo)
RTFとは、Road to The Future(未来への道)/Real・ Teacher・ Facilitator(本物のティーチャー・ファシリテーターへ)の頭文字。どんな時代・環境でも変わらぬ教育の本質に立ち返り、子どもたちが安全・安心に過ごしながら“生きる力”を育める環境作りをサポート。
タイトルヨミ
カナ:ジュギョウヅクリシンダンショ
ローマ字:jugyouzukurishindansho

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

Hagazussa Booksの既刊から
村上敬一/著 西村豊/著 吉村雄二/著 野田雅満/著 RTF教育ラボ/監修
小林勇輝/著
もうすぐ発売(1週間以内)
筑摩書房:恩田陸 
アリス館:まはら三桃 めばち 
集英社:出水ぽすか 白井カイウ 
KADOKAWA:サラブレ編集部 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。