近刊検索 デルタ

2021年3月1日発売

サニーサイド

笑顔が守った命~津波から150人の子どもを救った保育士たちの実話

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
日本テレビ系列「news every.」で3月9日に特集放映された、今話題の絵本。

東日本大震災当日、仙台市中野栄あしぐろ保育所で実際に起きた愛と勇気の実話。大津波に襲われた保育所。取り残された150人の子どもたち。迫りくる津波と激しい余震、そして寒さと暗さの中で、保育士たちは子どもたちを勇気づけるべく笑顔を絶やさなかった。そして、ついに子どもたち全員を無傷で保護者に送り届けた。今年2021年は東日本大震災からちょうど10年。ともすれば震災の記憶が風化しかねない今こそ、子どもたちに語り継がなければならない命と勇気の物語。
著者略歴
あいはらひろゆき(アイハラヒロユキ aiharahiroyuki)
仙台市生まれ。 代表作「くまのがっこう」シリーズ(ブロンズ新社)をはじめ、「はっはっはくしょーん」シリーズ(カドカワ)、「あっぷっぷのぷ~」(サニーサイドブックス)、「うさぎちゃんとゆきだるま」「せかいでいちばんママがすき」などたくさんの絵本や童話作品がある。被災地出身の作家の責務として震災以来10年間被災保育所の慰問や支援を続けている。
ちゅうがんじたかむ(チュウガンジタカム chuuganjitakamu)
宮崎県出身。 「はっはっはくしょーん」シリーズ(カドカワ)、「てあらいまんとうがいひめ」(背に~サイドブックス)、「ヴァモス!」(講談社)などの絵本作品がある。昨年は、あいはらとともに仙台市中野栄あしぐろ保育所を慰問、先生や子どもたちと交流した。
タイトルヨミ
カナ:エガオガマモッタイノチ ツナミカラヒャクゴジュウニンニンノコドモヲスクッタホイクシタチノジツワ
ローマ字:egaogamamottainochi tsunamikarahyakugojuuninninnokodomoosukuttahoikushitachinojitsuwa

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

サニーサイドの既刊から
あいはらひろゆき/著 ちゅうがんじたかむ/イラスト
あいはらひろゆき/文 すずきまみ/イラスト
あいはらひろゆき/著
たあ先生(あいはらひろゆき・ちゅうがんじたかむ)/著
もうすぐ発売(1週間以内)
双葉社:岬愛奈 
角川春樹事務所:堂場瞬一 
ポプラ社:増山実 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。