近刊検索 デルタ

2024年2月22日発売

ねこねっこ

出版社名ヨミ:ネコネッコ

猫の病気のサインがわかる図鑑 〜体調不良や痛みを見逃さないために

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
猫は、不調や痛みを隠したがる動物です。
それゆえ病気の発見が遅れがちで
動物病院を訪れる頃には
すでに病気が進行してしまっていた
ということが多々あります。

そこで本書では、猫の見た目や行動から
発せられるSOSのサイン(症状)と
そのサインから考えられる原因を
全ページカラーで読みやすくまとめました。

「ちょっと変?」「いつもと違う」と
いち早く気づいて行動に移すために。
とくに命に関わる事態を見逃さないために。
さっと手に取って異変を確認する
1冊としてご活用ください。

この図鑑が、猫の苦しみと
飼い主さんの後悔を減らす
お守りとなりますように。
目次
序章 愛猫の異変にいち早く気づくために
1章  体の状態・行動
2章   おしっこ
3章   吐く・ウンチ
4章   目・鼻・耳・口
5章   皮膚・毛  
に現れる病気のサインを解説
著者略歴
服部 幸(ハットリ ユキ hattori yuki)
「東京猫医療センター」(東京都江東区)院長。「ねこ医学会(JSFM)」副会長。 2005年から猫専門病院の院長を務め、2012年に東京猫医療センターを開院。 2013年、 国際猫医学会からアジアで2件目となる「キャット・フレンドリー・クリニック」のゴールドレベルに認定される。東京猫医療センターの1年間(2022年)の猫の診察件数は、1万8000件以上。
ねこねっこ(ネコネッコ nekonekko)
タイトルヨミ
カナ:ネコノビョウキノサインガワカルズカン タイチョウフリョウヤイタミヲミノガサナイタメニ
ローマ字:nekonobyoukinosaingawakaruzukan taichoufuryouyaitamiominogasanaitameni

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
シネシネナンデダ日記
本物の狂気はあんまり格好よくないです(著者)

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。