近刊検索 デルタ

2020年6月5日発売

クオン

日・中・韓伝統インテリア

四合院、書院造、班家韓屋の装飾と美
クオン人文・社会シリーズ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
似ているようで似ていない 似ていないようで似てる
東アジア三カ国の伝統インテリア装飾
その中に込められた美を探る

【韓国】
空(くう)と疎通のヒューマンスケール――班家韓屋
実用性を重んじ人間愛を芸術的に表現する調和の美

【中国】
中国文化の結晶――四合院
半開放的な空間に装飾を生かす卓越した造形美

【日本】
抑制と観照の緊張美――書院造
人間本来の感性を抑制し縮約して表す倹約の表現美
目次
■CONTENTS
第1章 東アジア住居文化の理解
第2章 中国文化の結晶――四合院
第3章 抑制と観照の緊張美――書院造
第4章 空(くう)と疎通のヒューマンスケール――班家韓屋
第5章 三カ国の伝統インテリア装飾の特性と比較
著者略歴
パク・ソンヒ(朴善姫)(パク ソンヒ paku sonhi)
延世大学卒業、理学博士。専攻は韓国住居史。 全北大学教授、韓国住居学会会長、昭和女子大学客員教授、ブリティッシュコロンビア大学客員教授などを歴任し、現在は文化財庁文化財委員を務めている。 著書に『韓国の住居と暮らし』(共著)、『インテリアカラーコーディネーションの理解』などがある。
吉川凪(ヨシカワ ナギ yoshikawa nagi)
仁荷大学国文科大学院で韓国近代文学を専攻。文学博士。 著書に『朝鮮最初のモダニスト鄭芝溶』、『京城のダダ、東京のダダ──高漢容と仲間たち』、訳書としてチョン・ソヨン『となりのヨンヒさん』(集英社刊)、朴景利『完全版 土地』(クオン)などがある。 キム・ヨンハ著『殺人者の記憶法』(クオン)で第四回日本翻訳大賞受賞。
タイトルヨミ
カナ:ニッ チュウ カン デントウ インテリア
ローマ字:niッ chuu kan dentou interia

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

クオンの既刊から
朴景利/著 金正出/監修 吉川凪/翻訳
パク・ソンヒ(朴善姫)/著 吉川凪/訳
ユ・ガンハ/著 水谷幸恵/翻訳 渡辺麻土香/翻訳 宗実麻美/翻訳 山田智子/翻訳 山口裕美子/翻訳
本日のピックアップ
日経BP:井上竜夫 オートデスク株式会社 
コロナ社:向井智彦 川地克明 三宅陽一郎 
日経BP:小笠原種高 桐島諾子 オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社 ほか
ドリーム・ミュージック・ファクトリー:アレンジ:青山しおり 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。