近刊検索 デルタ

2020年6月25日発売

クオン

新型コロナウイルスを乗り越えた、韓国・大邱市民たちの記録

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
2020年2月18日、韓国・大邱で一人の新型コロナウイルス患者が確認された。
その後集団感染が次々と確認され平穏な日常は一変し、街からは人通りが消えた。
都市封鎖もささやかれた中で人々は何を想い、どう行動したのか――。
カフェ店主、司書、教師など市民51人の手記から、困難な状況に共に立ち向かった姿が浮かび上がる。
「今この瞬間を記録に残し、将来、すべての人たちに他山の石としてもらおう。
そうして、どんな困難にぶつかっても立ち直る勇気を持てるようにしよう」
編集者のことばより

*本書は先行販売した電子版をもとに地図などを加えた紙版書籍です。
目次
編集者のことば――もっと明るい大邱の春を待ちながら
第1部 大邱の春を待ちながら
第2部 大邱で希望を抱く
著者略歴
申重鉉(シン ジュン ヒョン shin jun hyon)
図書出版学而思代表。 1962 年生まれ。大学卒業後、1986 年に理想社(学而思の前身)へ就職して以来、本作りに携わっている。 学而思は大邱を拠点に人文・小説・随筆・詩・児童・地域史などの出版を手がけている出版社(1954 年創業)。 地域に根づいた出版を行うと同時に、読解力を養う一般読者向けの「読書アカデミー」を開設するなど、読者とともに本づくりを行っている。
CUON編集部(クオン ヘンシュウブ kuon henshuubu)
タイトルヨミ
カナ:シンガタ コロナウイルスヲ ノリコエタ カンコク テグシミンタチノ キロク
ローマ字:shingata koronauirusuo norikoeta kankoku tegushimintachino kiroku

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

クオンの既刊から
朴景利/著 金正出/監修 吉川凪/翻訳
パク・ソンヒ(朴善姫)/著 吉川凪/訳
ユ・ガンハ/著 水谷幸恵/翻訳 渡辺麻土香/翻訳 宗実麻美/翻訳 山田智子/翻訳 山口裕美子/翻訳
本日のピックアップ
日経BP:井上竜夫 オートデスク株式会社 
コロナ社:向井智彦 川地克明 三宅陽一郎 
日経BP:小笠原種高 桐島諾子 オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社 ほか
ドリーム・ミュージック・ファクトリー:アレンジ:青山しおり 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。