近刊検索 デルタ

2020年6月25日発売

クオン

新型コロナウイルスと闘った、韓国・大邱の医療従事者たち

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
新型コロナウイルスの猛威に襲われた韓国、大邱。
感染拡大を食い止めるため、地元はもとより韓国各地から医療従事者たちが集まった。
その彼らが、生々しい現場の様子や患者たちの横顔、使命感と恐怖の狭間で揺れる思い、予想され
る第2 波に向けての提言などを率直に綴った一冊。

「大邱が新型コロナウイルスの攻撃を全身で食い止めた経験は、
未来を準備するのに役立てられなければならない」
――あとがきより

*本書は先行発売した電子版をもとに地図などを加えた紙版書籍です。
目次
まえがき――新型コロナウイルス感染確認からの経緯
第1部 新型コロナウイルスから学んだこと
第2部 大邱の医療現場から
第3部 新型コロナウイルス断想
著者略歴
李載泰(イ ジェテ i jete)
医学博士。慶北大学医学部核医学科教授。 韓国核医学会会長、韓国国家科学技術審議会専門委員、大邱慶北先端医療産業振興財団理事長などを歴任。 2020年の新型コロナウイルスの感染拡大期には、大邱第1、第2生活治療センターのセンター長を務めた。 これまでに、米国核医学学会誌優秀論文賞をはじめ様々な学術賞を受賞している。
CUON編集部(クオン ヘンシュウブ kuon henshuubu)
タイトルヨミ
カナ:シンガタコロナウイルスト タタカッタ カンコク テグノ イリョウジュウジシャタチ
ローマ字:shingatakoronauirusuto tatakatta kankoku teguno iryoujuujishatachi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

クオンの既刊から
朴景利/著 金正出/監修 吉川凪/翻訳
パク・ソンヒ(朴善姫)/著 吉川凪/訳
ユ・ガンハ/著 水谷幸恵/翻訳 渡辺麻土香/翻訳 宗実麻美/翻訳 山田智子/翻訳 山口裕美子/翻訳
本日のピックアップ
日経BP:井上竜夫 オートデスク株式会社 
コロナ社:向井智彦 川地克明 三宅陽一郎 
日経BP:小笠原種高 桐島諾子 オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社 ほか
ドリーム・ミュージック・ファクトリー:アレンジ:青山しおり 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。