近刊検索 デルタ

2021年1月15日発売

クオン

死の自叙伝

新しい韓国の文学
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
死の次に訪れる時間のなかで
すすり泣くリズムたち

「あなたは既に死の中に生まれています」
光州民主化抗争やセウォル号事件など権力の暴力や怠慢によってもたらされた死、そしてすべての無念な死に捧げた「死の自叙伝」49篇と長詩「リズムの顔」。
韓国フェミニズム詩の旗手金恵順が奇抜なイメージ、スピード感、時にグロテスクですらある力強さを存分に発揮し2019年に<詩壇のノーベル賞>と称されるカナダのグリフィン詩賞をアジア人女性として初めて受賞した詩集。

残された者の痛みを抱く詩人は、死後の物語を追いかける。
わたしたちの生は、不完全な死だと告げながら。 三角みづ紀(詩人)
目次
死の自叙伝
リズムの顔(『翼の幻想痛』より)
『死の自叙伝』あとがき
『死の自叙伝』訳者解説
著者略歴
金恵順(キム ヘスン kimu hesun)
著者 金恵順〔キム・ヘスン〕 1955 年慶尚南道蔚珍生まれ。 詩人、評論家、ソウル芸術大学文芸創作科教授。文学博士。 大学在学中に東亜日報新春文芸に評論が当選し、卒業後の1979 年に季刊誌『文学と知性』で詩人として出発して以来、現在に至るまで韓国フェミニズム詩人の代表走者として活躍してきた。 これまでに『また別の星で』『カレンダー工場の工場長さん、見て下さい』『悲しみ歯磨き 鏡クリーム』『花咲け!豚』『翼の幻想痛』など十数冊の詩集のほか、詩論集を刊行している。金洙暎文学賞、素月詩文学賞、未堂文学賞、大山文学賞を受賞し、『死の自叙伝』英語版によって2019 年グリフィン詩文学賞(The Griffin Poetry Prize)を受賞した。
吉川凪(ヨシカワナギ yoshikawanagi)
吉川凪(よしかわ なぎ) 仁荷大学国文科大学院で韓国近代文学専攻。文学博士。 著書に『朝鮮最初のモダニスト鄭芝溶』、『京城のダダ、東京のダダ─高漢容と仲間たち』、訳書として『申庚林詩選集 ラクダに乗って』、呉圭原詩選集『私の頭の中まで入ってきた泥棒』、チョン・ソヨン『となりのヨンヒさん』、朴景利『完全版 土地』、崔仁勲『広場』、李清俊『うわさの壁』などがある。 キム・ヨンハ『殺人者の記憶法』で第四回日本翻訳大賞受賞。
タイトルヨミ
カナ:シノ ジジョデン
ローマ字:shino jijoden

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

クオンの既刊から
シン・ギョンスク/著 村山俊夫/翻訳
金恵順/著 吉川凪/翻訳
チャン・リュジン/著 牧野美加/翻訳
ユン・イヒョン/著 ピョン・ヘヨン/著 キム・エラン/著 キム・ヨンハ/著 パク・ミンギュ/著 ほか
李清俊/著 吉川凪/翻訳
もうすぐ発売(1週間以内)
共栄書房:宮田一郎 
日本実業出版社:谷厚志 
KADOKAWA:堂場瞬一 
KADOKAWA:横関俊材 
KADOKAWA:横関俊材 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。