近刊検索 デルタ

2022年12月23日発売

クラーケンラボ

出版社名ヨミ:クラーケンラボ

新版 口説き文句は決めている

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
※本書は『口説き文句は決めている』と同内容の新版となります(流通ルート変更による新版で内容に変更はありません)。

Twitterフォロワー数、合計15万人突破! 妄想ツイートが話題のライター「さえりさん」による、食と恋のエッセイ集。

WEBマガジン「アマノ食堂」の人気連載が待望の書籍化。公開と同時に世代を超えて多くの支持を得た表題作「口説き文句は決めている」ほか、22篇を収録(書き下ろし4篇)。

「たとえティファニーでの朝食が可能になってもわたしはそこには行かないだろう。必要なのは、住み慣れた部屋とベーコンと卵、それから寝癖のついた恋人だけだから──」(本文より)。
著者略歴
夏生 さえり(ナツオ サエリ natsuo saeri)
夏生さえり(なつお・さえり) ライター。大学卒業後、出版社に就職。その後はweb編集者として勤務し、2016年にフリーライターとして独立。Twitterの恋愛妄想ツイートが話題となり、胸キュンストーリーを多く生み出した。現在はエッセイ、ショートストーリー、脚本、コピーライティングなど、文章にまつわる活動は多岐に渡る。何気ない日常にストーリーを生み出すことが得意。著書に『今日は、自分を甘やかす』(ディスカヴァー・トゥエンティワン) 、共著に『今年の春は、とびきり素敵な春にするってさっき決めた』(PHP研究所)。
タイトルヨミ
カナ:シンバン クドキモンクハキメテイル
ローマ字:shinban kudokimonkuhakimeteiru

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
泣くな、わが子よ
ノーベル賞候補であり続ける文学者の代表作

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)
Gakken:宮野公樹 
風媒社:溝口常俊 
ベースボール・マガジン社:佐藤和也 
中央公論新社:安倍晋三 橋本五郎 尾山宏 北村滋 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。