近刊検索 デルタ

2022年7月22日発売

観世音

宇宙万象 第6巻

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
(あとがきより)

 この本への加筆を終えて観て今、改めて思い起こされるのは、日月神示の一節です。

「三月三日(今年ならば四月三日)から更に厳しくなるから用意しておけよ。
五月五日(今年なら六月三日)から更に更に厳しくなるから更に用意して、どんな事起ってもビクともせん様に心しておいてくれよ、
心違ふてゐるから臣民の思ふことの逆さ許りが出てくるのざぞ、九月八日(今年ならば十月三日)の仕組 近ふなったぞ」

(日月神示 第九巻 キの巻 十四帖)

 まさに六月に入ってから能登(のと)半島での地震が増加しています。能登半島とは、スサノオに関することが封印されている土地柄だと私は思っています。

 能登半島には、古くから伝わる猿鬼(さるおに)伝説があります。特に能登町岩井戸(いわいど)地区には猿鬼伝説が伝えられており、その昔、猿鬼の霊を慰めるために建てられた祠(ほこら)が岩井戸神社だと伝えられています。

 化け物のような形相の猿鬼は、奥能登のあちらこちらで悪さをして神々に退治されたという伝承です。でも、猿鬼の正体こそはスサノオ神であり、日本の支配者が国津神(くにつかみ)から天津神(あまつかみ)へと変更された時に、それまで能登半島を平和に治めていたスサノオ神に汚名を着せて追放し、猿鬼の悪魔として封じたと私は感じています。

 今のこの時代になって、日月神示がいう「五月五日(今年ならば六月三日)から更に更に厳しくなるから」の六月から能登半島が揺れ始めていることに、スサノオ神の鳴動であり改革のノロシを感じます。

 能登半島の形こそは、スサノオ神が持つ神剣・三種の神器である天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)であり、 草薙剣(くさなぎのつるぎ)であると、私は感得します。

 神剣の形をした能登半島が揺れていることが、これが南海トラフ地震などへと、日本の中枢に影響を与える物事へと広がらないか? と懸念をしています。

 でも、そうなってしまう前に、日本に住む人々が良心に沿って生き始めて、大自然に感謝をする人々が増えるほどに、最悪の事態が小難へと変わり、その教訓から更に日本が変わる良い改革へと移行することも感じています。

 そうなる一助となるように、このような本が今のこの時期に出ることは、太古に押し込められたスサノオ神が、これから日本を改革し、世界も変えて行くサインとも感じています。

 今の時節に『宇宙万象 第6巻』が世の中に出ることに、深い神意を感じています。

 この本を読まれた方々に、日本の役目と可能性を感じて頂ければ幸いです。

令和四年六月  夏至を過ぎて

伊勢白山道
目次
口絵

第一章「日本=キリスト」という大いなる存在による転写

1 有限な人生を楽しみましょう

2 死後の継続を認識すれば強くなれます

3 善玉菌は神様の代理人です

4 自分の心が菌種を決めています

5 善玉菌が運命を改善させます

6 心が優しいことは最強なのです

7 すべてを大切にする気持ち

8 人間は創造神の側面を持ちます

9 平時での感謝の気持ちが大切です

10 何事も自信を持てば大丈夫です

11 形あるものは無くなるからこそ楽しむ

12 ムダが無いから安心しましょう

13 工夫すれば何とかなります

14 わざわざ不自由を求めて来たのです

15 意外な視点で本質が観えます

16 他人を守ろうとする人間は強くなれます

17 他者のための大いなる覚悟

18 あなたも咲いている最中です

19 生かされている継続こそ奇跡です

20 人生にムダはありません

21 自分の身の回りからで大丈夫です

22 壊れゆく自我と、現れる本性

23 継続力を信じればよいです

第二章 工夫すれば助かります

1 工夫しましょう

2 工夫をする視点を持ちましょう

3 今に感謝できれば大丈夫

4 大丈夫ですから、静観しましょう

5 すべては道に通じます

6 何かに専念することは幸福を呼びます

7 苦労は、すべて良い思い出に変わります

8 自身を邪魔するのは自分です

9 苦境を制するのは静かな笑顔です

10 先祖供養に代理は不要です

11 自分が決めるから、逆に大丈夫なのです

12 心中で謝ることも徳です

13 受信電波を出さないこと

14 本当の愛情は、後から気づきます

15 長い視点は神様の視点

16 足りないと思い込むのは、まだ早い

17 悩む自分を静観しましょう

18 空気とは不思議なモノです

19 影を追いかけるな!

20 空気は神様の産物

21 見るべき相手は自分だった

22 何を恐れる必要があろうか?

23 自分を嫌う資格がない

24 淡々(たんたん)と見つめましょう

25 先入観を貯めないことが大切

第三章 人類から戦争を無くさせる方法

1 「一厘(いちりん)の法則」に注意しましょう

2 自分の個性を静観すること

3 守護の大きな間違い

4 人類に内在する大いなる意識とは

5 願いは軽やかに思いましょう

6 すべてのカギは自分自身にあります

7 参拝の主役はあなた

8 「汝の良心が欲することを望め」

9 すべてが共に生きています

10 慌てる必要はない

11 安心感は挑戦を望みます

12 平凡とはすごいプレゼント

13 遺伝子の改善を起こします

14 「出す」気持ちが大切です

15 厳しい条件で生まれても改善が可能です

16 どんな経験も恐れるものではない

17 自分でムダに‶しない〟こと

18 みんな旅人です

19 先祖供養は遺伝子工学を超えます

20 過去の生き物と、今も共に生きています

第四章 再生と復活が始まります

1 大祓詞(おおはらえのことば)のシンプルな真実

2 時代の変化と神様の形象

3 与える気持ちが大切

4 神話が生きている聖地

5 再生と復活が始まる年

6 東京出張日記一 素人が一番強いのです

7 東京出張日記二  気づかないことが、本当の不幸

8 アウトソーシング(外注)が厳禁なことがあります

9 脱力は強くなれます

10 心の縛りを解くことが解脱

11 子どもたちが安全に暮らし学べるには

12 愛情力は最強の力です

13 愛情の視点で見ることが大切

14 生霊あれこれ

15 ヨミガエル再生の年

16 自分を静観しましょう

17 排除ではなく、愛情で溶かせます

18 自分自‶神〟を信じれば道は開く

19 内なる偉大な神性を信じること

20 今を楽しみ感謝する視点が大切

21 隣の芝生現象を止めること

22 空(くう)のように軽やかに生きましょう

23 意外なものが合うものなのです

24 現実を見れば何とかなります

25 必ず変化するから不変不滅へと

26 幸運の秘訣

27 自由に線が引けます

第五章 伊勢白山道への質問<Q&A>

Q1 占いや霊視のテレビ番組が人気です

Q2 世界中の指導者、有名人が宇宙人ってホント?

Q3 効能別の神社参拝は願いが叶う?

Q4 魔物も、神様から見たら子や孫?

Q5 魔境とは?

Q6 数秘学について

Q7 芸能人など有名人は生霊がたくさん来て大変なのでは?

Q8 楽しみを先祖と共にするには?

Q9 ご縁とは誰が決める?

Q10 その人にとって今が一番ちょうど良い状況にいる?

Q11 もう一人の自分の姿を見てしまいました

Q12 奈良の酒船石(さかふねいし)は何に使われた?

Q13 故人のことを明確にイメージしにくくなった

Q14 神様は個人の利益には不干渉。では神様は何をされている?

Q15 参拝の時は、眼を閉じたほうが良い?

Q16 過去に神仏に間違った祈願をしてきました

Q17 寺や神社の行事や儀式、初詣や七五三の御参りについて

Q18 同じ人の同じような悩み・相談について

Q19 相談者の先祖の話を聞いた上で、返答をされる?

Q20 深刻な因縁話を読んでも影響を受けない理由

Q21 死後にコノ世で知り合った人たちと会える

Q22 無惨な事故でも死ぬ瞬間の痛みはない?

Q23 霊線の状態は、子孫の顔つきや雰囲気に出る?

Q24 完治の難しい病気になり絶望しています

Q25 動物も今生の生き方で次の転生が決まる?

Q26 どうしたら体外離脱ができる?

Q27 カタカムナについて

Q28 良い宇宙人、悪い宇宙人

Q29 霊界には宗教ごとに分かれた世界がある?

Q30 明治維新は外国組織の陰謀によるもの?

Q31 運気とは?

Q32 道徳的な常識を持っている人は古い魂?

Q33 何で得たとしてもお金の価値に差はない?


伊勢白山道式 先祖供養の方法

あとがき
著者略歴
伊勢白山道(イセハクサンドウ isehakusandou)
伊勢白山道(いせ はくさんどう) 2007年5月「伊勢白山道」ブログを開設、2008年3月から本の出版を始め、毎日かかさず悩める人々にインターネットを介して無償で対応している。自分が生かされていることへの感謝を始めた読者の人生に起きる良い変化が、強い支持につながり、数多くある精神世界サイトの中で、ブログランキング圧倒的第1位を長年にわたり継続中である。 著書に、伊勢白山道名義で『内在神への道』、『内在神と共に』『森羅万象 第1巻~第10巻』(経済界刊)、『伊勢白山道問答集 第1巻~第3巻(全3巻)』『宇宙万象 第1巻~第4巻』『自分を大切に育てましょう』『今、仕事で苦しい人へ 仕事の絶望感から、立ち直る方法』『柔訳 釈尊の教え 原始仏典「スッタニパータ」第1巻・第2巻』『伊勢白山道写真集 神々の聖地 白山篇』『伊勢白山道写真集 太陽と神々の奇蹟の聖域 伊勢篇』『与えれば、与えられる』『自分の心を守りましょう』(電波社刊)。 『宇宙万象 第5巻』『「生と死後」の真実 Life & Death』『いま悩む人への「禅語」』(弊社刊)。
タイトルヨミ
カナ:ウチュウバンショウ ダイロッカン
ローマ字:uchuubanshou dairokkan

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
ハイリスク・ノーリターン
公安のスパイ、山口祐二郎とは何者か

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)
講談社:堂場瞬一 
経団連出版:楠山精彦 和田まり子 NPO法人キャリアスイッチ 
河合出版:河合塾数学科 
ポプラ社:塚本やすし 
河出書房新社:米本浩二 
SBクリエイティブ:千羽十訊 ミュシャ 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。