近刊検索 デルタ

2022年6月13日発売

吉田書店

出版社名ヨミ:ヨシダショテン

オテル・ド・ブルターニュ

第二次世界大戦とドイツ占領下のあるフランスの家族の物語
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
第二次世界大戦下、ドイツ軍と勇敢に戦いレジスタンスにも参加した砲兵隊士官の祖父は、ある人物の処刑とどう関わっていたのか。歴史家である孫が丹念に調べ歩く。
ドイツ占領軍と一般市民の関係、対独協力とレジスタンスの間…。
著者略歴
グレゴワール・コフマン( )
(Grégoire Kauffmann) 1973年生まれ。歴史家。専門は急進右翼研究。パリ政治学院准教授。著書にÉdouard Drumont, Perrin, 2008(2009年フランス元老院歴史書賞受賞)、Le nouveau FN. Les vieux habits du populisme, Seuil, 2016など
大嶋 厚(オアツシ アツシ oatsushi atsushi)
1955年生まれ。翻訳者。上智大学大学院博士前期課程修了。元パリ日本文化会館副館長。 訳書にパトリック・ヴェイユ『フランス人とは何か』(共訳、明石書店、2019年)、ピエール・ビルンボーム『ヴィシーの教訓』(吉田書店、2021年)、ミシェル・ヴィノック『シャルル・ドゴール』(作品社、2021年)など、著書に『パリ、歴史を語る都市』(えにし書房、2020年)がある
タイトルヨミ
カナ:オテルドブルターニュ
ローマ字:oterudoburutaanyu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

吉田書店の既刊から
グレゴワール・コフマン/著 大嶋厚/翻訳
もうすぐ発売(1週間以内)
講談社:山岸伸 歩りえこ 
一般社団法人高等教育開発研究所:出光直樹 宮本俊一 河村振一郎 
筑摩書房:アンドレイ・タルコフスキー 鴻英良 
講談社:小砂川チト 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。