近刊検索 デルタ

2020年8月7日発売

東海教育研究所

図5 建築と都市のグリッド

建築と都市のグリッド
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
本書は、ゲーム盤としての碁盤の目から、碁盤の目状の諸都市まで、我々を取り巻く環境の中で様々なスケールで存在する格子(グリッド)状の空間に関する理解を深めるために、様々な事例を解説付きで紹介した図集である。グリッドとは、近東間隔の複数平行線が直交また斜交してできた格子状のパターンで、建物の平面図や立面、街区割や都市計画などの中に頻繁に登場する。グリッド平面をもつ様々な建物や都市空間を約100例サンプリングし、各々の形状や大きさなどについて相互に比較することで、グリッドパターンの意味とその魅力についてわかりやすく解説している。
目次
はじめに
1、住宅の架溝
2、構成材の自律
3、斜光グリッド
4、六角グリッド
5、建物と外構
6、緑の市松模様
7、表と裏
8、具体⇄抽象
9、ヴォイド
10、円形コラムの行方
11、三角グリッド
12、45度のオーバーレイ
13、単位天井
14、ゆらぎ
15、梁の区画
16、点と線の空間化
17、架構と正三角形
18、菱形グリッド
19、方眼紙
20、オブジェ
21、墓碑のレイアウト
22、列柱の森
23、地下水槽
コラム:グリッドによる都市と建築のアナロジー
24、都市化する建築
25、人の区画・機械の区画
26、短冊状の街区
27、パッチワーク
28、参照点の布置
29、同心多角形と放射線
30、斜面を覆う
31、インディアス法
32、建築家の理想都市
33、人と車の共存
34、モータリゼーション
35、巨大農場
36、都市の拡張
37、条坊制
38、区画と街区
39、小中国・大中国
40、有限と無限
作品リスト
著者略歴
図研究会(ズケンキュウウカイ zukenkyuuukai)
タイトルヨミ
カナ:ズ ゴ
ローマ字:zu go

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

東海教育研究所の既刊から
氏家義博/著
もうすぐ発売(1週間以内)
アリス館:まはら三桃 めばち 
筑摩書房:恩田陸 
集英社:出水ぽすか 白井カイウ 
KADOKAWA:サラブレ編集部 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。