近刊検索 デルタ

2021年3月10日発売

錦房

人間と生活 地球の健康を考える

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
新しく医療を担う学生に向けて、基礎分野の『人間と生活』向けのテキストとして編集。新型コロナなどの新興感染症、温暖化、マイクロプラスチックなどによる人体への影響など、人間の生活圏の拡大によって、地球環境の悪化は座視しがたくなり、地球の健康度は、そのままヒトの健康に大きく影響する。医療の専門教育を学ぶ学生には、広く基礎教養として「人間と生活」のあり方、超高齢社会を迎える日本の未来を考える端緒となるだろう。大学の生活は大人への入り口であり、社会人として独り立ちする準備期間でもある。人生の様々な問題と向き合う。特に生活と健康、ストレスなど心の問題に留意した。
目次
第1章 地球の中に生きる人間
第2章 人間らしさの発達
第3章 保育と教育
第4章 水、酸素、食物と身体
第5章 脳の仕組み
第6章 自然への適応
第7章 ストレスへの積極的対応
第8章 高齢期の健康
第9章 死の受容
第10章 生活と健康
第11章 有害物質と人間の関わり
第12章 持続可能な未来に向けて
第13章 変化する地球と生物
第14章 新しい生活様式の探索 
第15章 世界で共有する環境教育
著者略歴
鈴木 郁子(スズキ イクコ suzuki ikuko)
日本保健医療大学保健医療学部教授
内田さえ(ウチダ サエ uchida sae)
東京都健康長寿医療センター研究所専門副部長
鍵谷方子(カギタニ フサコ kagitani fusako)
人間総合科学大学教授
大橋敦子(オオハシ アツコ oohashi atsuko)
北海道医療大学准教授
二本松明(ニホンマツ アキラ nihonmatsu akira)
北海道鍼灸専門学校副校長
志村まゆら(シムラ マユラ shimura mayura)
筑波技術大学准教授
野口栄太郎(ノグチ エイタロウ noguchi eitarou)
筑波技術大学名誉教授
大森啓之(オオモリ ヒロユキ oomori hiroyuki)
日本保健医療大学助教
タイトルヨミ
カナ:ニンゲントセイカツ チキュウノケンコウヲカンガエル
ローマ字:ningentoseikatsu chikyuunokenkouokangaeru

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

錦房の既刊から
鈴木郁子/著・編集 内田さえ/著 鍵谷方子/著 大橋敦子/著 二本松明/著 志村まゆら/著 ほか
伊藤譲/著・編集 西沢正樹/著 田口大輔/著 大森淳次/著 服部辰広/著 岩瀬泰介/著 ほか
鈴木郁子/著・編集 内田さえ/著 鍵谷方子/著 原田玲子/著
大橋敦子 最近の著作
もうすぐ発売(1週間以内)
双葉社:岬愛奈 
角川春樹事務所:堂場瞬一 
ポプラ社:増山実 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。