近刊検索 デルタ

2021年3月10日発売

鈴屋出版

オタクが日本を「右傾化」させた

右派+オタク文化史論
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
『マンガ嫌韓流』で、一躍「嫌韓保守」のシンボルとなった山野車輪の言論断筆宣言!

オタクとして活動してきた著者が書き下ろす文化史論。
なぜ彼が保守となり、そして、なぜ保守を見限ったのか?
「おたく」の成立時代から、「オタク」となり「OTAKU」と昇華されていった歴史と「ビジネス右派」と呼ばれる「保守」の歴史を相関すると見えてくる事実があった。
“差別”により迫害され続けた「オタク」たちが「保守」に進む真実と、
“差別”を生み出したものは誰かを考察した一冊。
目次
第1章  世界が認めるオタクカルチャー
第2章  右派とオタクカルチャー
第3章  オタクvs韓流
第4章  左派に苦しめられるオタク
第5章  オタクと政治の導線
あとがき 国敗れてオタクあり 但馬オサム
著者略歴
山野 車輪(ヤマノ シャリン yamano sharin)
山野車輪(やまの・しゃりん) 1971年生まれ。2005年、日韓関係の歪みを最初に指摘した『マンガ嫌韓流』(晋遊舎)を出版し累計100万部突破。『ニューヨーク・タイムス』『タイムズ』など海外の新聞でも紹介される。2010年、世代間格差問題に切り込んだ『「若者奴隷」時代』(晋遊舎)を出版し、高齢者批判を先取りした。国産ヘヴィメタルコレクターでもあり、2018年に出版した『ジャパメタの逆襲』(扶桑社)にてアニメソングとの密接な繋がりを指摘し、ディープなオタクに評価された。
タイトルヨミ
カナ:オタクガニホンヲウケイカサセタ
ローマ字:otakuganihonoukeikasaseta

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

鈴屋出版の既刊から
佐々木まこと/撮影
睦月影郎/著
もうすぐ発売(1週間以内)
双葉社:岬愛奈 
角川春樹事務所:堂場瞬一 
ポプラ社:増山実 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。