海鳴社 我が社の一冊 2020

  • 量子医学の誕生
  • 保江邦夫/著 小林正学/著
  • 海鳴社
  • 978-4-87525-353-2
  • 出版社からのおすすめコメント
    人類を、がんや未知の新型ウイルスから守るための最後の砦――それは最先端の量子物理学にあった。
  • 内容紹介
    ■梅澤博臣博士が晩年に開拓した「巨視的場の量子論」や「巨視的量子電磁力学」に精通していればこそ、「対称性の自発的破れ理論」における「南部・ゴールドストーンの定理」によって示された、内臓組織細胞集団の中の秩序化された結合水の巨視的凝集体に、どのように弱い外部エネルギーが投入されたとしても、そこに「南部・ゴールドストーン量子」と呼ばれる量子が新たに生成され、巨視的凝集体の中を縦横に運動するという可能性を、保江は見逃すことはなかった。 ■例えばソプラノ歌手の甲高い歌声による空気振動の定在波が共鳴増幅効果によってガラスコップに固有振動を誘発して粉々に破壊する現象と同じ物理効果であり、結合水の巨視的凝集体の中にあるウイルスの膠質膜タンパク質の殻を破壊しウイルス自体の高分子構造体までも分断させることで、ウイルスを死滅に導くことができる。 ■今後、このような量子物理学的な新しい物理療法の作用機序について正しい理解が進んでいくならば、携帯電話程度の電子治療器を手にした医師がそれを患者に向けることで病気から回復させるという場面が、日常茶飯となるのではないだろうか。まさに「量子医学」 誕生の瞬間だ。
  • http://www.kaimeisha.com
量子医学の誕生
GOOD DESIGN FILE 愛されつづけるデザインの秘密
世界と繋がり合えるなら
SF映画術 ジェームズ・キャメロンと6人の巨匠が語るサイエンス・フィクション創作講座
甲賀忍者の真実 末裔が明かすその姿とは
照応と総合
ひきこもり、自由に生きる
映画広告図案士 檜垣紀六 洋画デザインの軌跡
ペガサスの挽歌
人のつながりと世界の行方
電子と暮らし
ラウンド・ミッドナイト 風の言葉
こまいぬⅢ
日常台湾華語会話ネイティブ表現
宇宙と安全保障
南島探検 西表島の沢を歩きつくす
書誌学入門ノベル! 書医あづさの手控〈クロニクル〉
マハーバーラタ、聖性と戦闘と豊穣
かわいいことりちゃん
農泊のススメ
不登校・ニート・引きこもり 家族が変わるとき
パフェ沼
『七人の侍』ロケ地の謎を探る
普通の人々の戦い
動きだした時計
モテないけど生きてます
ガチガチの世界をゆるめる
下山の哲学 登るために下る
フランス人がわが家にやってきた!
この星の絵の具
とうめいなやさしさ
あいたいな
かんもくの声
詩人の恋
無職本
森林浴
めんどくさい本屋―100年先まで続ける道
無名の開幕投手 高橋ユニオンズエース・滝良彦の軌跡
旧ドイツ領全史
じいちゃんじてんしゃ しゅっぱつしんこう
「芸術の6層」による教育
人がたり外伝 大阪人物往来