水曜社 我が社の一冊 2021

  • 島を出る
  • 上江洲儀正/著
  • 水曜社
  • 978-4-88065-515-4
  • 出版社からのおすすめコメント
    10歳の少年は、兄に連れられて故郷の石垣島を出た。病気がなおればすぐに帰れると思っていた。長い旅のはじまりだった。ハンセン病の歴史は悲惨である。患者は差別され村の外へ追いやられ、隔離された。療養所内では男性に断種手術を施し、妊娠した女性には堕胎を強要した。「この病気は死んだら喜ばれる」……。1956年、島を出た宮良正吉(みやらせいきち)は現在76歳。大阪で暮らしいまだにやまないハンセン病への差別・偏見の解消をめざし、回復者の語り部として各地で自身の体験を伝えている元患者の半生を描く。
  • 内容紹介
    10歳の少年は、兄に連れられて故郷の石垣島を出た。 病気がなおればすぐに帰れると思っていた。 長い旅のはじまりだった。 1956(昭和31)年、島を出た宮良正吉(みやらせいきち)は現在76歳。大阪で暮らし、ハンセン病関西退所者原告団「いちょうの会」の会長である。いまだにやまないハンセン病への差別・偏見の解消をめざし、回復者の語り部として各地で自身の体験を伝えている。 ハンセン病の歴史は悲惨である。患者はらい病と呼ばれて差別され村の外へ追いやられ、隔離された。療養所内では男性に断種手術を施し、妊娠した女性には堕胎を強要した。 「この病気は死んだら喜ばれる」……。 回復した正吉は大阪の印刷会社で働いた。社会は荒波だった。恋人ができた。プロポーズの時に回復者だと打ち明けた。「それがどうしたの?」。その言葉にあたらしいふるさとができた。ふたりの子どもに恵まれた。娘に元患者だったと告白してから5 年後、新聞記事で公にカミングアウトし、ハンセン病語り部の道を歩みだした。 本書はロングインタビューの積み重ねにより、ひとりのハンセン病患者の半生を「生の声をできるだけ生のまま」「わたし(著者)自身に教えるように」ハンセン病問題の歴史をかさねあわせて書かれた「長い旅」、その現在進行形の経過報告でもある。 *宮良 正吉(みやら・せいきち) 1945年7月沖縄県石垣町に生まれる。小学4年身体検査でハンセン病罹患が判明。翌年、沖縄本島のハンセン病療養所愛楽園に収容のため島を出る。1961年患者専用列車で高校入学。1965年高校卒業後大阪で就職。2001年らい予防法違憲国家賠償請求訴訟原告団に加わる。2008年はじめて自身の体験を語りはじめる。
  • http://suiyosha.hondana.jp/
島を出る
猫が食べると危ない食品・植物・家の中の物図鑑 〜誤食と中毒からあなたの猫を守るために
私たちはこうしてゼロから挑戦した
恩寵の力 ー必然性に導かれた人生の答え
高岡重蔵 活版習作集
アジアの伝統染織と民族服飾
問題解決のためのデータサイエンス入門
時務の研究者 姜徳相
あまねく届け! 光 ~見えない・見えにくいあなたに贈る31のメッセージ~ 
いじめ防止の3R
Editorship Vol.6(特別号)追悼・長谷川郁夫
どえらいモン大図鑑
よるくまシュッカ
一人で学べる 認知療法・マインドフルネス・潜在的価値抽出法ワークブック
9/11レポート
アメリカの挫折
具体と抽象
世界一のんびりなヨガの絵本
うさぎとハリネズミ きょうも いいひ
旅をひとさじ てくてくラーハ日記
後期近代の哲学❶ 後期近代の系譜学
気候危機とグローバル・グリーンニューディール
うたのレパートリー
リビア戦争 カダフィ殺害誌
31cm~ ヘアドネーションの今を伝え、未来につなぐ~
アジア太平洋戦争新聞
消えそうな光を抱えて歩き続ける人へ
渡された言葉ーわたしの編集手帖から
「逃げおくれた」伴走者
恋という名の食事をしよう
ミサイル攻撃基地と化す琉球列島
通信制高校を選んだわけ
YOUTHQUAKE
ぼくのがっかりした話
脱「いい子」のソーシャルワーク
Nature, Man and Flowers
デジタル時代の子育て 年齢に応じたスマホ・パソコンとのつきあい方
ラムからマトン
北斗星に乗って
育児の成功 1
共に揺れる、共に育つ
絹と十字架 ――長崎開港から鎖国まで
私はカーリ、64歳で生まれた
ふたりのももたろう
仲直りの理
14歳からの新しい音楽入門
こども哲学ハンドブック 自由に考え、自由に話す場のつくり方