共和国 我が社の一冊 2018

  • 収容所のプルースト
  • ジョゼフ・チャプスキ/著 岩津航/訳
  • 共和国
  • 978-4-907986-42-1
  • 出版社からのおすすめコメント
    零下40度の収容所での生活。そこで自分の内面を荒廃から救うために想起されたのが、プルーストの『失われた時を求めて』でした。本書はそのとき同房者に語るために筆記されたノートを基にしたものです。 2018年最初に出した1冊ですが、発売直後に高橋源一郎さんがツイッターでつぶやいてくださったのを皮切りに、望外にも多くの書評をいただきました。あるブックフェアでは、お客さんから「『収容所のプルースト』の出版社さんですか!?」とお声がけいただいたので、まさに「2018年の1冊」といえそうです。プルーストを未読でも心配ありません。むしろ本書を読み終えると、この大長篇に挑んでみたくなります。ぜひご一読ください。
  • 内容紹介
    1939年のナチスとソ連による相次ぐポーランド侵攻。このときソ連の強制収容所に連行されたポーランド人画家のジョゼフ・チャプスキ(1896 - 1993)は、零下40度の極寒と厳しい監視のもと、プルースト『失われた時を求めて』の連続講義を開始する。その2年後にチャプスキは解放されるが、同房のほとんどが行方不明となるという歴史的事実の過程にあって、『失われた時を求めて』はどのように想起され、語られたのか? 現存するノートをもとに再現された魂の文学論にして、この長篇小説の未読者にも最適なガイドブック。
  • https://www.ed-republica.com
収容所のプルースト
凡庸の唄
digmeout 07
中国抗日ドラマ読本
シティ・ソウル ディスクガイド
わたしを生きる知恵
狙われた島
なるべく働きたくない人のためのお金の話
マーシャル、父の戦場
食と文化の世界地図
安吾巷談
明治の津和野人たち
『人民日報』で学ぶ「論説体中国語」翻訳スキルⅠ
本屋な日々 青春篇
OKバジ ネパール・パルパの村人になった日本人
こだわり行動 理解と対処と生かし方
不妊、当事者の経験
偏見や差別はなぜ起こる?
コーヒーと旅
ミッドワイフの家
動きが脳を変える
国語の授業の作り方
自然なきエコロジー
新ワイン学
花ばぁば
祭りから読み解く世界
風疹をめぐる旅~消される「子ども」・「笑われる」国~
自分で試す吃音の発声・発音練習帳
パット・メセニーを聴け!
日常英会話ネイティブ表現[改訂版]
エコヂカラ!
マンガ 脱・「不登校」
公認心理師基礎用語集──よくわかる国試対策キーワード117
石膏デッサンの100年―石膏像から学ぶ美術教育史
歴史修正主義とサブカルチャー
詩集『日本風土記』『日本風土記 Ⅱ』金時鐘コレクション第2巻
満州天理村「生琉里」の記憶
フルーツパフェ幻想 幻想の中の少女たち
アオザイ通信完全版 #3
パンツ専門ポーズ集 パンツが大好きだから、大至急パンツを描きたい!
さなぎたち
アラブ音楽入門
海外ドラマ超大事典