アートダイバー 我が社の一冊 2020

  • この星の絵の具
  • 小林正人/著
  • アートダイバー
  • 978-4-908122-17-0
  • 出版社からのおすすめコメント
    日本を代表するペインター(画家)によるビルドゥングスロマン(成長物語)3部作の第2作。「芸術とはなにか」という難問はいつの時代にも人を悩ませますが、小説のかたちにすることで、芸術家がなにを考えながら作品を立ち上げていくかという瞬間を追体験しながら楽しめる本です。アートがわからないという方でも、とてものめり込めます。上巻からの読書をおすすめします。
  • 内容紹介
    「アイ・インバイティッド・ユー……わかるか、マサァト、きみをゲントに呼んだのはきみがかつてやったことが理由ではない。きみがやろうとしていることのためなのだ」。 伝説のキュレーター、ヤン・フートに招かれ、小林はベルギー・ゲントの地に降り立った。 なにもわからず飛び込んだのは、国際的なアートシーンのど真ん中。世界的なアートピープルやアーティストらが交差する開かれた世界で、小林は、ダーフハース通り52番地にスタジオを構え、新たな作品制作にとりかかる。 ゲントの光は芸術家としての眼を開かせ、啓示にも似た直感を得た小林は、やがてオリジナルな絵画スタイルを獲得する。そして、新しいミューズとの出会い……。 異国の地での挫折や成功を経て、自身の芸術を追い求める姿を自伝小説の形式で語るビルドゥングスロマン3部作の第2作。
  • https://artdiver.tokyo
この星の絵の具
詩人の恋
ひきこもり、自由に生きる
世界と繋がり合えるなら
フランス人がわが家にやってきた!
こまいぬⅢ
宇宙と安全保障
日常台湾華語会話ネイティブ表現
量子医学の誕生
人のつながりと世界の行方
動きだした時計
ラウンド・ミッドナイト 風の言葉
普通の人々の戦い
GOOD DESIGN FILE 愛されつづけるデザインの秘密
かわいいことりちゃん
森林浴
めんどくさい本屋―100年先まで続ける道
あいたいな
ペガサスの挽歌
南島探検 西表島の沢を歩きつくす
書誌学入門ノベル! 書医あづさの手控〈クロニクル〉
下山の哲学 登るために下る
不登校・ニート・引きこもり 家族が変わるとき
電子と暮らし
『七人の侍』ロケ地の謎を探る
旧ドイツ領全史
ガチガチの世界をゆるめる
無職本
人がたり外伝 大阪人物往来
「芸術の6層」による教育
無名の開幕投手 高橋ユニオンズエース・滝良彦の軌跡
甲賀忍者の真実 末裔が明かすその姿とは
とうめいなやさしさ
映画広告図案士 檜垣紀六 洋画デザインの軌跡
かんもくの声
じいちゃんじてんしゃ しゅっぱつしんこう
照応と総合
モテないけど生きてます
農泊のススメ
マハーバーラタ、聖性と戦闘と豊穣
SF映画術 ジェームズ・キャメロンと6人の巨匠が語るサイエンス・フィクション創作講座
パフェ沼