ひだまり舎 我が社の一冊 2019

  • ちきゅうがわれた!
  • 田島征三/絵 国広和毅/文
  • ひだまり舎
  • 978-4-909749-01-7
  • 出版社からのおすすめコメント
    ひだまり舎の記念すべき第1作目の絵本です。インドのジャータカをモチーフにした躍動感溢れる絵本になりました。見開きのページから飛び出してきそうな「いのち」たち。かれらはなぜ、走って行くのか…? 何が「ほんとう」で、何を信じるべきなのか?溢れる情報のなかから「ほんとう」を選びとることの難しさ。絵本を閉じた後、心の底に刺さったちいさな棘のように、何かが残ることと思います。
  • 内容紹介
    「たいへんだ! ちきゅうが われたんだ! みんなにげよう!」 わにの言葉に、みんなおおあわてで逃げ出した。 ふりかえると、ちへいせんまで、みわたすかぎりの いのちが はしってついてくる。 谷をぬけて、川をわたって、森をこえて… さあ、生きものたちの、そして、地球の行く末は…? インドのジャータカをモチーフにしたお話が、田島征三のエネルギー溢れる絵によって、勢いよく動き出します。
  • http://hidamarisha.com
ちきゅうがわれた!
TOEIC L&Rテストよくわかる総合対策と解き方
みんなが輝くために1
ロヒンギャ難民100万人の衝撃
検証「戦後民主主義」
私は本屋が好きでした
マレーシア映画の母 ヤスミン・アフマドの世界
キネマ/新聞/カフェー
困難な子育て
負債の網
徴用工裁判と日韓請求権協定
チェ・ゲバラとキューバ革命
親子で楽しむ かんたんプラモデル
ところで軍国少女はどこへ行った
TRICK-トリック
[改訂版]ディテール・イン・タイポグラフィ
こちら、発達障害の世界より―生きやすく生きることを求めて
ウンチ学博士のうんちく
スペース・プラン:鳥取の前衛芸術家集団 1968 -1977
ネット右派の歴史社会学
静かなる変革者たち
ぼくのマンガ道
大洪水の前に マルクスと惑星の物質代謝
japan 日本語版
言の葉連想辞典
美の朝焼けを通って
ひまのつめあわせ 入江家の本
METAPHOR
もの想うこころ
「人民日報」で学ぶ「論説体中国語」翻訳ドリル 初・中級
『荒地』の時代
宗教社会学論集 第1巻 上
沈黙する教室
新・音楽とキャリア
気功革命 秘伝奥義 集大成
日本で生きるクルド人
この世の景色
東西冷戦史(一) 二つに分断された世界
スタートラインに続く日々
なんでもやってみようと生きてきたダウン症がある僕が伝えたいこと
しょぼい喫茶店の本
いやな感じ
中華オタク用語辞典
欧文組版 タイポグラフィの基礎とマナー〔増補改訂版〕
新訂 幕末下級武士の絵日記
歌って気づく!フレイルと認知症
はじめてのDELF A1 (CD付)
寛容は自らを守るために不寛容に対して不寛容になるべきか 渡辺一夫随筆集
かがやき
伊予松山 裁判所ものがたり【明治編】
わたしが素直になれるとき