小鳥遊書房 我が社の一冊 2020

  • 照応と総合
  • 土岐恒二/著 吉田朋正/編集
  • 小鳥遊書房
  • 978-4-909812-28-5
  • 出版社からのおすすめコメント
    ボルヘスやコルタサル、ムヒカ=ライネスなどのラテンアメリカ文学の紹介者として活躍し、英国世紀末文学を専門とする学究としても広く知られた土岐恒二の個人著作集をお勧めします。主要著作をテーマ別に編纂し、一人の寡黙な精読者(リズール)が旅した文学的・文化的な地図を、彼のテクストに共鳴する現代日本の論者たちとともに描き出そうとしたものです。二段組で1000頁を超える大著を形にでき、世に残せるという「書籍の奇跡」に感謝しています。
  • 内容紹介
    ボルヘスやコルタサル、ムヒカ=ライネスなどのラテンアメリカ文学の紹介者として活躍し、英国世紀末文学を専門とする学究としても広く知られた土岐恒二(1935-2014)。だが、いかにもストイックな精読者・翻訳者らしく、これまで氏の論文やエッセイは単著に纏められていない。 本書は、1961年に遡るその主要著作をテーマ別に編纂し、一人の寡黙な精読者(リズール)が旅した文学的・文化的な地図を、彼のテクストに共鳴する現代日本の論者たちとともに描き出そうとするものである。 【構成】 第一部:「照応」──土岐恒二の仕事:1961-2015 1)単行本未収録のエッセイや論文多数に加え、2)これらの仕事に関わりの深い、雑誌等に単発的に発表されて現在入手困難だが、今日見てもなお重要と思われる翻訳業績──ジョイスのブレイク論やパウンドの読書論など、主として20世紀の文学批評を中心とする──を集成する。 第二部:「総合」──シンポジウム 内容やテーマの点で第一部と響き合うエッセイを多方面から募り、比較的寡作であった土岐恒二氏のテクストが、多方向に広がった大きな水脈を成すことを鮮やかに描き出す。 執筆者:安藤哲行、若島正、加藤光也、高山宏、島高行、岡本正明、三宅昭良、高岸冬詩、伊達直之、千葉康俊、富士川義之、松本朗、橋本安央、和気一成、富山英樹、吉田朋正…。
  • https://www.tkns-shobou.co.jp/books/view/98
照応と総合
じいちゃんじてんしゃ しゅっぱつしんこう
森林浴
『七人の侍』ロケ地の謎を探る
人がたり外伝 大阪人物往来
パフェ沼
ガチガチの世界をゆるめる
無名の開幕投手 高橋ユニオンズエース・滝良彦の軌跡
量子医学の誕生
かわいいことりちゃん
旧ドイツ領全史
映画広告図案士 檜垣紀六 洋画デザインの軌跡
フランス人がわが家にやってきた!
下山の哲学 登るために下る
書誌学入門ノベル! 書医あづさの手控〈クロニクル〉
日常台湾華語会話ネイティブ表現
南島探検 西表島の沢を歩きつくす
甲賀忍者の真実 末裔が明かすその姿とは
とうめいなやさしさ
マハーバーラタ、聖性と戦闘と豊穣
あいたいな
電子と暮らし
ラウンド・ミッドナイト 風の言葉
めんどくさい本屋―100年先まで続ける道
この星の絵の具
こまいぬⅢ
GOOD DESIGN FILE 愛されつづけるデザインの秘密
詩人の恋
SF映画術 ジェームズ・キャメロンと6人の巨匠が語るサイエンス・フィクション創作講座
人のつながりと世界の行方
宇宙と安全保障
不登校・ニート・引きこもり 家族が変わるとき
かんもくの声
普通の人々の戦い
世界と繋がり合えるなら
ペガサスの挽歌
ひきこもり、自由に生きる
農泊のススメ
「芸術の6層」による教育
無職本
動きだした時計
モテないけど生きてます