木立の文庫 我が社の一冊 2019

  • もの想うこころ
  • 村井雅美/著
  • 木立の文庫
  • 978-4-909862-07-5
  • 出版社からのおすすめコメント
    目の前に「こんがらがった苦しみ」にさいなまれている人が居るとき、私たちには何ができるでしょう? 苦しみへの寄り添い方として、巷ではいろいろなアプローチが紹介されていますが、この本では、新しい《共感》の可能性を、読者とともに捜します。――“記憶のはるか彼方にある情景”が浮かびあがり、その情景が二人のあいだで共有されるとき、《生きづらさ》を生きる力が得られる。そんな新しい共感の地平を捜す“四つの物語”です。
  • 内容紹介
    「奥歯の小さな穴ひとつにこころが詰まっている」 病気になると私たちは、そのことでこころが一杯になってしまいます。 そんな“からだの傷み”に溢れてしまった時、私たちは、 その現実を受け入れて立ち向かおうとするこころを、どこに得ることができるでしょう? からだの傷みから沁み出る“こころの痛み”。 その苦悩をいっしょに理解しようとしてくれる人がどこかに居てくれると、 奥歯の穴という「とてつもない不幸」が、なんとか抱えられる不幸になる。 そんな経験を私たちは皆、もっているのではないでしょうか?    ***   *** それでは、目の前に「こんがらがった苦しみ」にさいなまれている人が居るとき、 私たちには何ができるでしょう?  苦しみへの寄り添い方として、巷ではいろいろなアプローチが紹介されていますが、 この本では、新しい《共感》の可能性を、読者とともに捜します。 “記憶のはるか彼方にある情景”が浮かびあがり、その情景が二人のあいだで共有されるとき、 《生きづらさ》を生きる力が得られる。 ——そうしたテーマをめぐって紡がれた 『からだの病いとこころの痛み』〔木立の文庫, 2019年〕のエッセンスを、 「四人」とのあいだの“内なるドキュメンタリー”として物語るのが、この本です。
  • http://kodachino.co.jp/
もの想うこころ
キネマ/新聞/カフェー
困難な子育て
ロヒンギャ難民100万人の衝撃
マレーシア映画の母 ヤスミン・アフマドの世界
ひまのつめあわせ 入江家の本
寛容は自らを守るために不寛容に対して不寛容になるべきか 渡辺一夫随筆集
言の葉連想辞典
新訂 幕末下級武士の絵日記
沈黙する教室
ぼくのマンガ道
「人民日報」で学ぶ「論説体中国語」翻訳ドリル 初・中級
負債の網
しょぼい喫茶店の本
新・音楽とキャリア
ちきゅうがわれた!
検証「戦後民主主義」
わたしが素直になれるとき
スタートラインに続く日々
私は本屋が好きでした
[改訂版]ディテール・イン・タイポグラフィ
なんでもやってみようと生きてきたダウン症がある僕が伝えたいこと
ウンチ学博士のうんちく
この世の景色
ところで軍国少女はどこへ行った
欧文組版 タイポグラフィの基礎とマナー〔増補改訂版〕
静かなる変革者たち
みんなが輝くために1
TOEIC L&Rテストよくわかる総合対策と解き方
宗教社会学論集 第1巻 上
METAPHOR
ネット右派の歴史社会学
スペース・プラン:鳥取の前衛芸術家集団 1968 -1977
こちら、発達障害の世界より―生きやすく生きることを求めて
東西冷戦史(一) 二つに分断された世界
伊予松山 裁判所ものがたり【明治編】
いやな感じ
かがやき
大洪水の前に マルクスと惑星の物質代謝
はじめてのDELF A1 (CD付)
中華オタク用語辞典
美の朝焼けを通って
徴用工裁判と日韓請求権協定
『荒地』の時代
チェ・ゲバラとキューバ革命
japan 日本語版
TRICK-トリック
気功革命 秘伝奥義 集大成
歌って気づく!フレイルと認知症
日本で生きるクルド人
親子で楽しむ かんたんプラモデル