近刊検索 デルタ

2018年7月20日発売

産学社

売れる!魔法のアイデア

7パターン39の法則
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
あなたがやるべき事は、ただ一つ
ラクして売れるアイデアを考えるだけ!です。


『ラクしちゃ売れないでしょ!』
そうツッコむ人も多いと思います。


いいえ。
ラクして売れないのは『何かが』間違っています。



あなたが本当にやるべき事は、日々の雑務ではありません。
汗水たらして、時間を切り売りする事ではありません。

あなたがやるべき事は、ただ一つ。
ラクして売れるアイデアを考える事だけです!

もし、あなたが、本当に価値あるアイデアを産み出したいなら、
その商品やサービスは、無理せず、ラクに売れます。

そして自動的に、あなたに富をもたらし、人々に喜ばれ、
ステージを上げながら、ひとりでに成長し、拡大していきます。


『そんな事が出来るなら、苦労しないよ!』
そうです。苦労ではなく、ラクをしてください。


そのためには、今までの常識から自由になり、
本当に大切な事に気づく為の考え方と、スキルが必要です。

その為の難しい本や理論は沢山ありますが、
この本では、最もラクにアイデアが産み出せるよう、
小学生でも分かるように書いたつもりです。


7つのステップを楽しみながら、進んでみてください。

途中、7パターン&39のシンプル法則に当てはめるだけで、
ラクに、あなただけの『ラクして売れるアイデア』が生みだされることでしょう。
目次
第1章 脳みそを柔らかくする
――普段やらないことをしよう

情報は整理するな
たとえば、部屋を散らかしてみる
いつもと違うメニューを頼んでみよう
Uber Eats(ウーバーイーツ)で新メニュー開拓
いつもと違う道を通ってみよう!



第2章 アイデアの卵を見つける
――金の卵をラクに見つけよう!

人を喜ばせる2つの方法
「あったらいいな」を書き出そう
「困っていること(悩み)」を書き出そう
「あったらいいな」「困っていること」の理由を考えよう



第3章 アイデアを膨らます
――ドラえもんの6人のキャラになる

アイデアはドラえもんに学べ ?一人アイデア会議をしよう!?
「のび太」になって常識を疑ってみよう
「しずかちゃん」になって感情表現してみよう
「スネ夫」になって分析してみよう
「ジャイアン」になって超ポジティブに大胆に!
「出木杉くん」になって客観的に考えてみよう
「ドラえもん」になって革新的な意見をだそう



第4章 売れるアイデアに進化させる!
――たった4つの魔法の記号

 +(足す)ことでアイデアを広げよう
 足し算で考える
 五感を加える
 ライバルと協力し仲間にする
 足りないものを補い合おう

 -(引く)ことで削ぎ落としてみよう!
 引き算で考える
 分けて考える
 絞り込んで考える

逆転させて考える
 逆転の発想で、ピンチをチャンスに変えよう!
 真逆のものが1つとなる時代
 アートとビジネス
 エンターテイメントとビジネス
 女性脳と男性脳

流用することで、無限のアイデアのバリエーションを生もう!
 世代を変えて考える
 業界を変えて考える
 男と女を変えて考える
 場所を変えて考える
 キャラクター化して考える
 高さを変えて考える
 サイズを変えて考える
 重さを変えて考える
 強度を変えて考える
 意味を変えて考える
 最後に、ひねりを加える



第5章 お金
――お金の洗脳から自由になる

お金のマインドブロックをブチ破り、ラクに売れることを許可しよう!
まずは無料で与える
奪い合うゲームから与え合うゲームに設定を変える
最大化・最低化を考える
高額にできないのはセルフイメージの低さ!
利益を得ないようにする
他で利益を得る
お金はバーチャルなものとして考える
通過革命が人を自由にする
みんながオリジナル仮想通貨を発行する時代へ



第6章 自動化する
――時間の束縛から自由になろう!

今すぐ自分の時間を売るのをやめないといけない理由
AIがパートナーなら何をする? ?あなたは本来何をすべきか?
時間の長さを変えて考える
継続にする
脳みそを柔らかくする
普段やらないことをしよう



第7章 あなただけのNo.1オリジナルアイデアを創る
――新たな切り口で、ニッチ分野のNo.1になる!

No.1ニッチを生み出す方法
売れるアイデアを創るために最も有効なのは、唯一の成長分野、インターネット(IT)を組み合わせること
オリジナルコンテンツを発見しよう!



第8章 次元を上げる
――1つ上のステージ、次元へと上昇する方法

今のあなたの枠では絶対にムリなゴールを設定する
神の視点で考える
感謝する
著者略歴
市村よしなり()
小学生で起業。ITコンサルタント。 幼いころからコンピュータープログラミングを始めるが、 10 歳のとき、父親の事業失敗により、突然の夜逃げを経験。 ライフラインも満足に整わない山奥で、自給自足のサバイバル生活を余儀なくされる一方で、 かろうじて手元に残ったパソコンでゲームを自主制作。雑誌に投稿を重ね、賞金を稼ぎ小学生でビジネスをはじめる。 3年間のサラリーマン時代を経験後、1997 年より23 歳で、国内ほぼ初のコンタクトレンズ通販、 フィンテック事業、コンサルティング事業を開始。 現在、日本やシンガポールに複数の法人を運営しながら、さまざまな売れるアイデアの仕組みを個人や企業へ提供し、 コンサルティングによる売上アップは累計2000 億円を超える。 著書に『人生で大切なことはみんなRPGで教わった』(バジリコ) 著書『こもる力』(KADOKAWA)等がある。 また、世界中での講演活動や、小学生のための起業ワークショップを開くなど、 新しい未来を創るために精力的に活動している。 市村よしなり公式ホームページ http://www.ichimura.me/ 市村よしなりLINE:@ichimura

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。