近刊検索 デルタ

8月17日発売予定

興陽館

60(カンレキ)すぎたら本気で筋トレ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
さあ、今日から力コブから始めよう。
68歳、逆三角形の筋肉マン著書による「若々しく健康である」筋トレのすすめ
●60歳からできる具体的な方法満載!
目次
まえがき
筋肉力は、生命力だ!
「筋肉」が強いヤツほど、若々しい

第1章 カネを貯めるまえに、筋肉を貯めろ。
――「筋肉」は、老後の「資産」だ
1 年をとっても筋肉は発達!
2 極貧から『ロッキー』デビューしたスタローン
3 日々の「筋トレ」が開いたスターへの道
4 ボディビル界のレジェンド、シュワルツェネガー神話
5 「ソフト筋トレ」はだれでも、いつでもできる
6 「貯金」より「貯筋」! 筋肉は“老後の資産"だ
7 筋肉量二倍×運動量二倍で四倍若返る!

第2章 還暦すぎても、マッチョになれる
――筋肉は使えば発達する、使わなければ衰える
8 「筋トレ」に遅すぎることはない
9 筋肉は使えば発達、使わないと衰える
10 一方で「破壊」、他方で「修復」の繰り返し
11 筋肉も「破壊」と「修復」で増大する

第3章 まずは、「力こぶ」から始める「筋トレ」
――思いっきり、プルプル力をこめてみよう
12 いつでも、どこでも「フンムッ! 」と両腕に力
13 力こぶで、上半身はめきめき逞しくなる

第4章 ジムも、マシンも、いらない!
――「静的筋トレ」(アイソメトリックス)
14 人にたよらず、じぶんにたよれ!
15 アイソメトリックスは最強の「筋トレ法」
16 黙殺された「最強筋トレ」
17 カネも、時間も、器具も、まったくいらない
18 基本はかんたん、四つのポーズだけ
19 狙った筋肉をピン・ポイント強化する
20 胸はりグセをつけろ! 歩き筋トレできたえろ
21 見えない重りを持ち上げて鍛えろ

第5章 筋肉は、若返りホルモンを放出する
――筋肉マンほど、若々しいナゾがとけた
22 筋肉が多い人ほど若く健康
23 「筋トレ」は数多くの病気を防ぐ
24 「筋トレ」が“万能ホルモン"分泌のベスト法

第6章 「筋トレ」で、病気も防げる!
――運動だけで、三分の二は防げる
25 運動するだけでガンは防げる
26 運動と菜食が大腸ガンを防ぐ
27 ウオーキングにはすごい効果が!
28 「運動」は最良の予防法で治療法
29 運動不足はかんまんな?自殺“

第7章 ひざ痛、腰痛、脊柱管狭窄症も「筋トレ」で改善
――「安静」「痛み止め」はバツ! 動かして治せ
30 「動かして治す」。新しい医学常識です
31 痛みの原因は運動不足と悪い姿勢
32 「筋トレ」で、関節痛は、こうして治る
33 病院に行くな! 医者はクスリ、手術で荒稼ぎ
34 医者のすすめる手術は、受けるな!
35 脊柱管狭窄症も自分で治せる!
36 「ひざ痛」広告・CMに、だまされるな!

あとがき
「筋トレ」で100歳まで生きる
五つのセルフ・ヒーリング
著者略歴
船瀬 俊介(フナセ シュンスケ)
医療ジャーナリスト。1950年、福岡県生まれ。九州大学理学部中退、早稲田大学第一文学部卒業。学生時代から消費者・環境問題に関心を抱く。日本消費者連盟スタッフとして活動の後、1986年、独立。以来、精力的に執筆、評論、講演活動を行っている。毎日の習慣、「筋トレ」をかかさず68歳という年齢ながら驚異的に若いマッチョな肉体を誇る。主な著書に、『買ってはいけない』(共著・金曜日)、『危ない化粧品シリーズ』(三一書房)、『できる男は超少食』『10年後、会社に何があっても生き残る男は細マッチョ』(以上、主婦の友社)、『年をとっても ちぢまない まがらない』『老人病棟―高齢化! こうしてあなたは“殺される"。』『まちがいだらけの老人介護―心と体に「健康」をとりかえす82の方法』(以上、興陽館)、『未来を救う「波動医学」』(共栄書房)などがある。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。