プリンセス・マサコ 菊の玉座の囚われ人

ベン・ヒルズ/著 藤田真利子/訳

今こそ再び読まれるべき一冊

2007年、皇室の問題を取り上げた本書は大手出版社が刊行を断念したことで発売前から大きな話題を呼んでいた。「どこがこの本を刊行するのか」に注目が集まる中、手を挙げたのは、かつて見沢知廉の『天皇ごっこ』の刊行などでも物議を醸した第三書館だった。

誰が、何を、見せたくないのか

成婚前から多様な関心を集め続けていた皇太子妃という題材をオーストラリア人の著者が追い宮内庁の反発があったとも言われる内容は、しかし、決してセンセーショナルなものではなく、一個人としての皇太子妃の「人権」を問う真摯なものであった。

皇族の人権とは

本書の刊行から14年、再び皇族の「人権」が脚光を浴びている。またしても、若い女性をめぐって。今日の問題を深く理解し考察するために、本書は再び読まれるべき一冊となった。

プリンセス・マサコ 菊の玉座の囚われ人
978-4-8074-0707-1
2007年8月
在庫あり
出版社による内容紹介:
これは極めて有能なひとりの女性を巡る「人権喪失の記録」である。加害者は、私たちすべての日本人なのである。オーストラリアのジャーナリストによって書かれ、宮内庁・外務省の猛反発を買った「日本の皇太子妃雅子の悲劇的な真実」の書、遂に邦訳出版なる!
目次:
   目次
   序文
1章 黒衣の男たち
2章 父親の娘
3章 母親の息子
   最後の皇帝
4章 優等卒業
5章 夢見る尖塔
   宮内庁御用達
6章 誓い
7章 皇位継承の行方
8章 神の手
9章 黒い犬
10章 めでたしめでたしでは終わらない
   訳者あとがき
   参考文献
関連書籍

皇太子妃とマスメディア

丸山昇/著

ISBN978-4-8074-9340-1

在庫僅少

皇室問題

小和田雅子が皇太子妃に決定する以前の報道協定について前作『報道協定』で詳しく追った著者が放つ現代日本マスコミ論...


『プリンセス・マサコ』の真実

野田峯雄/著

ISBN978-4-8074-0708-8

在庫あり

皇室問題

2007年2月、刊行中止となった「幻の日本語版」には、全体の約六分の一、百数十カ所の削除があった。「皇太子が真...


1928年。「御大典」の裏側で

田中伸尚/著

ISBN978-4-8074-9349-4

在庫あり

皇室問題

「昭和」から「平成」へ、そして皇太子の婚礼で、改めて天皇制にスポットがあたった。『ドキュメント昭和天皇』の著者...


昭和天皇新聞記事集成 昭和元年−15年

荻野晃也/編 河野益近/編

ISBN978-4-8074-9014-1

在庫あり

皇室問題

昭和天皇についての一次資料、基本資料を自然科学者の視点から集成してみる。この大著は「天皇」関係の新聞記事を昭和...



憤怒の王国 タブーを破った天皇暗殺小説

文永南/著 林蓮/訳

ISBN978-4-8074-9408-8

在庫あり

コリアン海外文学皇室問題文学

タブーを破った天皇暗殺小説。朝鮮王朝の王国の末裔が亡国の恨みと怒りを胸に90年代の天皇を狙撃する。ミステリー小...


天皇制と共和制の狭間で

ISBN978-4-8074-1808-4

在庫あり

皇室問題


天皇ごっこ

見沢知廉/著

ISBN978-4-8074-9529-0

在庫あり

皇室問題

元新左翼・現新右翼の著者がスパイリンチ殺人事件で懲役12年の下獄中に書き下ろした本書は、第25回「新日本文学賞...


大正天皇の大葬 「国家行事」の周辺で

田中伸尚/著

ISBN978-4-8074-8806-3

在庫あり

皇室問題

世界中の要人を集め戒厳令的状況下で国民不在のまま昭和天皇の大喪はとりおこなわれた。大喪という国家行事の枠組みは...


※書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。