近刊検索 デルタ

2018年9月26日発売

株式会社オーム社

現場で役立つ 環境分析の基礎 第2版

水と土壌の元素分析
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
試料の前処理から各種分析法、機器の解説まで網羅!
 2007年10月に発行した「現場で役立つ 環境分析の基礎」の改訂版。
 環境試料分析の基礎として、とくに重要な環境水と土壌を取り上げ、試料の前処理からICP発光分析法などの各種分析法と分析機器の解説、また、分析値の扱い方、さらにその背景にある関連法令について言及するなど、現場実務者や分析化学を専攻する学生にとって、その知見を広める内容となっています。
 今回の改訂においては、発行後10年が経過したことから、環境分析に関する規格の更新、またこの間、開発された新たな分析機器及びその分析操作手法に対応する等、内容を一部刷新し発行するものです。
目次
1章 環境分析の必要性
2章 環境試料の前処理法
3章 原子吸光分析法
4章 ICP発光分析法
5章 ICP質量分析法
6章 分析値の信頼性
7章 分析の信頼性
8章 環境分析の問題点と今後の動向
著者略歴
平井昭司(ヒライ ショウジ hirai shouji)
公益社団法人日本分析化学会(ニホンブンセキカガクカイ nihonbunsekikagakukai)
タイトルヨミ
カナ:ゲンバデヤクダツ カンキョウブンセキノキソ
ローマ字:genbadeyakudatsu kankyoubunsekinokiso

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

公益社団法人日本分析化学会 最近の著作
本日のピックアップ
日本能率協会マネジメントセンター:松永博樹 内山正悟 
草思社:スティーブン・ピンカー 橘明美 坂田雪子 
コロナ社:長名優子 石畑宏明 菊池眞之 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。