近刊検索 デルタ

2019年2月12日発売

河出書房新社

クリオ 歴史と異教的魂の対話

歴史と異教的魂の対話
須賀敦子の本棚
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
歴史の女神クリオが老女の姿で語る、老いとは何か、歴史とは何か。メルロ=ポンティやドゥルーズをも震撼させた究極の名著、初完訳。
著者略歴
シャルル・ペギー(ペギー)
1873~1914。フランスの詩人、作家、思想家。雑誌「半月手帖」を創刊、20世紀フランス文学に大きく貢献する。著書に『ジャンヌ・ダルクの愛徳の神秘劇』、『われらが青春』など。
宮林 寛(ミヤバヤシ カン)
1957年生まれ。パリ第七大学博士課程修了。慶應義塾大学文学部教授。訳書に、クリスチャン・オステール『待ち合わせ』、ジル・ドゥルーズ『記号と事件』、ドゥルーズ=ガタリ『千のプラトー』など。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。


連載記事

発売してから、どうですか(仮)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。