近刊検索 デルタ

12月10日発売予定

祥伝社

つごもり淡雪そば 冬花の出前草紙

祥伝社文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
心あたたまる江戸人情料理帖、開幕
母一人、子一人。かじかむ心をほっこり包む、美人女将のおもてなし!

「この子を預かっていただきたいのです」冬の夜、日本橋本船町の料理屋〈梅乃〉に女が現われて告げた。連れていたのは僅か二歳の男の子。三年後、齢二十六の女将冬花は、引き取った子の鮎太を自らの手で育て、平穏に暮らしていた。ところが、冬花が出前を届けたその日に弁当を食べた役者が舞台上で血を吐いて倒れたことから、毒を盛った疑いが〈梅乃〉にかけられ……。
著者略歴
有馬美季子( )
1969年生まれ。慶應義塾大学仏文科卒業。2016年『縄のれん福寿 細腕お園美味草紙』で時代小説を志し、心あたたまる料理描写で多くの読者を魅了した。2021年、料理屋を切り盛りする女三代を描いた「はないちもんめ」(現在7作品)で、第10回日本歴史時代作家協会賞《シリーズ賞》を受賞。近著に『食いだおれ同心』(以上、祥伝社文庫刊)などがある。
タイトルヨミ
カナ:
ローマ字:

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

祥伝社の既刊から
土田康彦/著
養老孟司/著 小堀鴎一郎/著
wako/著
もうすぐ発売(1週間以内)
吉川弘文館:黒田智 
講談社:三止十夜 藤実なんな 
KADOKAWA:青田かずみ 椎名咲月 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。