近刊検索 デルタ

2021年11月12日発売

祥伝社

辻調鮨科

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
はぐれ者に落ちこぼれ、誰が握ろうと鮨は生き様。
食の道を志す専門学生の奮闘を描く、若さ眩しい青春小説!

色んな人が鮨を握る、それだけの話。
ベネチアガラス作家の土田と初めて会ったのは、『HANA-BI』がベネチアでグランプリを獲った夜だった。
辻調卒の彼が描く架空のクラス。
この多様性は彼の夢の世界なのかもしれない。
――北野武(映画監督)

「命がけで鮨を握ろうという覚悟がある者だけ、ここに残れ。できない者には、退学を勧める」
開口一番、城島先生は宣言した。僕たち鮨科一期生は震えあがった――。
昭和六十三年春、大阪。世界に名だたる辻調理師専門学校、通称「辻調」に鮨科が新設された。岡山の平凡な豆腐屋の息子として育った僕、長谷川洋右は、どこか生半可な気持ちのまま鮨科に入学する。基本となる大根のかつら剥きさえ満足にこなせない落ちこぼれの僕に厳しくも辛抱強く教えてくれたのは、口下手で強面だが腕は一流、赤坂の名店仕込みの城島先生だった。尊敬すべき先生にはしかし、知られざる壮絶な来歴があった……。
著者略歴
土田康彦(ツチダヤスヒコ tsuchidayasuhiko)
1969年、大阪市生まれ。88年、辻調理師専門学校卒業後、フランス・パリで食と芸術の道を目指す。95年より、イタリア・ムラノ島にてヴェネツィアンガラス制作に携わる。2008年、第11回オープン国際彫刻展に日本代表として出展し、最優秀グランプリ受賞。14年、第53回日本現代工芸美術展現代工芸賞。小説は本書がデビュー作となる。
タイトルヨミ
カナ:ツジチョウスシカ
ローマ字:tsujichousushika

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

土田康彦 最近の著作
もうすぐ発売(1週間以内)
NHK出版:藤本有紀 NHKドラマ制作班 NHK出版 
主婦と生活社:鶴間政行 
三笠書房:清水建二 すずきひろし 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。