近刊検索 デルタ

2018年8月31日発売

新星出版社

ここだけ読めば決算書はわかる!2019年版

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「決算書が読める」ことは、ビジネスパーソンにとって必須スキルです。 周囲から一目置かれている、一流の人は数字に強い人。その数字のベースが決算書です。決算書を読めるからこそ、会社に貢献し続けられます。数字がわかる人は、大切なことと無駄なことの違いがすぐにわかります。だから、仕事を効率的にこなすことができ、残業時間が少なくても、結果を出すことができるのです。 【重要なポイントを厳選!】実は、決算書は、税理士、公認会計士、コンサルタントのようなプロフェッショナルも活用しているものですから、本当は奥深いものです。しかし、プロではない一般の人には、そこまで必要ありません。本書は、決算書の初心者・入門者向けに絞り込んでいますので、重要なポイントのみを覚えられます。そのため、スキルを身につけるための時間は、最短ですみます。 【大判だから、図が大きくてわかりやすい】また、本書は、B5判という大判で、文字・図版とも大きく、読みやすくなっていますから、わかりやすい解説になっています。 【有名企業の実際の決算書を読む】さらに、本書の後半では、ソニー、東京海上HD、カプコン、しまむら、博報堂、サンリオ、幸楽苑、スタートトゥデイ(ZOZOTOWN)、日本航空など有名な上場企業の最新の決算書を見て、それをどう読むかを解説しています。本当に儲かっているのか、どのくらい儲かっているのか、どこで稼いでいるのか、どこに問題があるのかなどを、誰もが知っている親しみやすい企業の決算書から読み解いています。有名企業ならば、事業の内容もイメージできますので、決算書の数字が事業と連動します。だからこそ、スキルが本当に身につきます。
著者略歴
佐々木理恵(ササキマサエ)
佐々木理恵(ささき まさえ)税理士。自由が丘産能短期大学・産業能率大学通信教育課程兼任教員。産業能率大学経営学部兼任教員。産業能率大学大学院総合マネジメント研究科税務マネジメントコース兼任教員。日本簿記学会会員。平成4年以降、中央クーパース・アンド・ライブランド国際税務事務所、エルイーエフコンサルティング等において税務スタッフとして勤務。平成19 年に佐々木理恵税理士事務所を開業。法人・個人事業主のお客様に向けて、決算書作成、税務申告等の業務サポートを提供。短大、大学で簿記講師を務め、現在「財務諸表の考え方」をはじめ、「会計学入門」「所得税法の基本」なども担当。著書に『これから始める人の簿記入門』『これから始める人の経理入門』(いずれも新星出版社)がある。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。