近刊検索 デルタ

2020年4月10日発売

青春出版社

古事記と日本書紀  謎の焦点

青春文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
『古事記』と『日本書紀』は、古代日本の真実をどこまで明らかにしたのか。天地開闢、天孫降臨、ヤマタノオロチ、倭の五王、任那日本府、聖徳太子、大化の改新、壬申の乱……。「記・紀」を通して読み解く、古代史探求の最前線!
目次
■仮構成
天地開闢神話 「記・紀」編纂者の意図はどこにあったのか
国生み神話 日本列島誕生の“順番”から何がわかるか
ヤマタノオロチ退治神話 スサノオの奇妙な出自が意味するもの
国譲り神話 出雲大社の創建と国譲り神話をつなぐ接点
天孫降臨神話 降臨を命じた神と入れ替わった皇祖神の謎
初期天皇の皇位継承 神代と新しい時代をつなぐ神武天皇の伝説とは?
大和政権の出雲平定 銘文に刻まれた「額田部臣」の存在
倭の五王 7年間の紀年の“食い違い”をめぐって
磐井の乱 本当に「反乱」だったといえるのか
任那日本府の実像 なぜ欽明紀に「任那日本府」の記述が集中するのか
聖徳太子 「記・紀」で、聖徳太子の扱いが違う理由
著者略歴
瀧音能之( )
1953年生まれ。現在、駒澤大学教授。日本古代史、特に『風土記』を基本史料とした地域史の研究を進めている。
タイトルヨミ
カナ:コジキトニホンショキ ナゾノショウテン
ローマ字:kojikitonihonshoki nazonoshouten

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
NHK出版:八津弘幸 NHKドラマ制作班 NHK出版 
新潮社:松下隆一 
アリス館:まはら三桃 めばち 
集英社:出水ぽすか 白井カイウ 
筑摩書房:恩田陸 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。