近刊検索 デルタ

2021年2月12日発売

東京創元社

開化鉄道探偵

創元推理文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
明治12年晩夏。鉄道局技手見習の小野寺乙松は、局長・井上勝の命を受け、元八丁堀同心の草壁賢吾を訪れる。「京都―大津間で鉄道を建設中だが、その逢坂山トンネルの工事現場で不審な事件が続発している。それを調査する探偵として雇いたい」という井上の依頼を伝え、面談の約束を取りつけるためだった。井上の熱意にほだされ、草壁は引き受けることに。逢坂山へ向かった小野寺たちだったが、現場に到着早々、鉄道関係者が転落死を遂げ……。「このミステリーがすごい!」トップ10にランクインした、鉄道ミステリの傑作!(単行本『開化鐵道探偵』改題・文庫化)
著者略歴
山本巧次(ヤマモトコウジ yamamotokouji)
タイトルヨミ
カナ:カイカテツドウタンテイ
ローマ字:kaikatetsudoutantei

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

東京創元社の既刊から
アンドレス・バルバ/著 宇野和美/翻訳
ジャナ・デリオン/著 島村浩子/翻訳
マルク・ロジェ/著 藤田真利子/翻訳
赤江瀑/著 東雅夫/編集
もうすぐ発売(1週間以内)
KADOKAWA:堂場瞬一 
学研プラス:G・MASUKAWA なんばきび 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。