近刊検索 デルタ

2022年5月30日発売

日本法令

出版社名ヨミ:ニホンホウレイ

社労士Ⅴ2022年度版 選択式・労一を切り抜ける! 厚労省パンフレット・リーフレット攻略問題集

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
社労士試験最大の難関に挑む!
社労士試験の選択式では、労働一般常識が最も難しく、平均点が2点を割り込む年もあり、原則3点の合格基準点に補正が行われることも珍しくありません。
近年の選択式・労働一般常識では、厚生労働省のパンフレット・リーフレットや同省のホームページの記述から出題されることが増えています。
パンフレット・リーフレットは、行政が特に推し進めたい施策を周知・啓発するために作られるものであり、その結果、試験にも出やすいといえます。
本書は、選択式・労働一般常識において、厚生労働省のパンフレット・リーフレット等から出題されそうなものに絞って模擬問題を作り、一冊にまとめました。
この科目で出題されうる厚生労働省の重要施策を理解して知識を底上げし、難関を切り抜けてください。

執筆:奥田章博
目次
●雇用関係
1 若者の募集・採用等に関する指針
2 若者雇用促進法に基づく認定制度
3 障害者雇用促進法に基づく認定制度
4 制度改正リーフレットから抜粋
5 厚生労働省の人材開発支援策
6 職業能力開発推進者および求職者支援制度
7 厚生労働省の雇用に関する施策①
8 厚生労働省の雇用に関する施策②
9 厚生労働省の雇用に関する施策③

●女性活躍促進・少子化対策・ハラスメント対策関係
10 女性活躍推進法に基づく一派事業主行動計画の策定等と認定マーク
11 次世代法に基づく認定制度の認定基準等の改正
12 パワハラ防止措置の義務化の中小事業主への適用
13 カスタマーハラスメント対策
14 多様な人材が活躍できる職場環境/性的指向・性自認等

●労働基準・働き方改革関連
15 「シフト制」により就業する労働者の適切な雇用管理を行うための留意事項
16 副業・兼業の促進に関するガイドラインの改定
17 テレワークガイドラインの改定
18 勤務間インターバル制度の導入等
19 取引慣行の見直し等
20 労働時間等の設定改善に関する施策
21 同一労働同一賃金ガイドライン
著者略歴
社労士V受験指導班(シャロウシブイジュケンシドウハン sharoushibuijukenshidouhan)
タイトルヨミ
カナ:シャロウシブイニセンニジュウニネンドバンセンタクシキロウイチヲキリヌケルコウロウショウパンフレットリーフレットコウリャクモンダイシュウ
ローマ字:sharoushibuinisennijuuninendobansentakushikirouichiokirinukerukouroushoupanfurettoriifurettokouryakumondaishuu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。