近刊検索 デルタ

5月25日発売予定

法政大学出版局

近世蝦夷地の地域情報

日本北方地図史再考
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
アイヌ民族の生活の場であり、諸外国にも和人にも未知の土地であった蝦夷地は、江戸幕府による支配以降、明治政府による開拓・植民政策の開始にいたるまで、さまざまな地図や測量図、風景絵図に描かれ、表象されてきた。「異域」であった北海道周辺地域の情報はどのように収集・把握され、一般の人びとにも「国土」の一部として認識されるようになったのか。日本の北方地図史の展開をたどる。
著者略歴
米家 志乃布(コメイエ シノブ komeie shinobu)
タイトルヨミ
カナ:キンセイエゾチノチイキジョウホウ
ローマ字:kinseiezochinochiikijouhou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

法政大学出版局の既刊から
加藤泰史/編 小倉紀蔵/編 小島毅/編
ジェラール・ベンスーサン/著 渡名喜庸哲/訳 藤岡俊博/訳
スティーヴン・A.ロイル/著 中俣均/訳
もうすぐ発売(1週間以内)
講談社:堂場瞬一 
幻冬舎:横田慎太郎 
東洋経済新報社:山脇秀樹 
光文社:有馬美季子 
ぺりかん社:苅部直 前田勉 
KADOKAWA:黒崎蒼 AkiZero 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。