近刊検索 デルタ

2021年12月27日発売

明石書店

出版社名ヨミ:アカシショテン

ルポ コロナ禍の移民たち

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
コロナ・ショックは移民社会をどう変えたか。気鋭のルポライターが訊いた、日本で生きる外国人ならではの偽らざる本音と生き抜き方――。2020年から21年末までの取材成果を結集。苦悩、絶望、悲惨さだけじゃない、ポジティブでしたたかな姿も垣間見えた旅の記録。
目次
 はじめに

Prologue 移民最前線タウン新大久保の2020年春
 「ここは日本なんだから、大丈夫ですよ」
 パニックが起こるのではないか
 外国人たちが見せた意外なたくましさと、商魂
 「10万円の給付、外国人も対象なの?」
 外国人につきまとう「在留資格」の問題
 10万円給付に「アベさんありがとう」

Chapter 1 名古屋“九番団地”の住民たち
 東海地方に多い外国人労働者
 ネットカフェ難民となったフィリピン人技能実習生
 コロナ防護服を折りたたむバイト
 名古屋の中の異国、九番団地
 2020年4月に襲った首切りの大波
 東海地方に日系人の労働者が多い理由
 高齢化とコロナ禍、ふたつの問題
 コロナだから、あえて起業?

Chapter 2 学習支援と食料支援の実践者たち
 アルゼンチン×ブラジル人夫妻が立ち上げた教室
 一斉休校の影響で学校の授業についていけない
 外国人の子供たちに目立つ「コロナ転校」
 オンラインだからこそのメリットもたくさんある
 食料支援を続ける日系ペルー人
 支援しているほうも外国人の失業者
 ペルーに渡った日本人の子孫が、今度は日本にやってくる
 「外国人から先に切られる」
 誕生日プレゼントは解雇通告
 かれらを弱者と呼んでいいのだろうか

Chapter 3 コロナに感染した外国人たち
 外国人の感染者は、日本人よりも多いのか
 感染リスクの高い現場を外国人が支えている
 一家10人丸ごと自宅隔離のペルー人
 「仮放免」のロヒンギャ難民がコロナに感染
 「仮放免」にはワクチンの通知も来なかった
 コロナ患者の医療通訳に奔走するフィリピン人
 コロナで進む「外国人労働者の高齢化問題」

Chapter 4 揺れる留学生たち
 留学生たちが消えた新大久保の街
 オンラインでの授業は果たして「留学」なのか
 感染の怖さを抱えながら、コンビニで働く
 日本人の友達ができない
 生まれて初めてのひとり暮らしが、コロナ禍の東京
 1年以上も「入国待ち」の留学生たち
 日本人は海外留学できるのに、外国人留学生は日本に入れない
 オリンピック選手は隔離なしで日本に入れる
 深夜2時30分からのオンライン授業
 国際的な信用問題につながりかねない
 外国人は、日本にとって「例外の人」
 「日本は、国民になにもかも任せて、国がなにもしない」

Chapter 5 翻弄される技能実習生たち
 ベトナム人を犯罪に追いこんだもの
 コロナ禍の入国制度も悪用して金儲け
 ベトナム人尼僧のもと、逃亡実習生たちと年越しをする
 本堂に並ぶベトナム語の位牌
 血が出るほど殴られた
 かれらの「たくましさ」は日本人にどう映るのか
 大恩寺には監理団体のベトナム人もやってくる
 実習生たち手づくりの晩ごはん
 実習生たちと焚火を囲む大晦日
 実習生たちと布団を並べて2020年が暮れていく
 「チャンスがあったら、また日本に来たい」
 名古屋にもあるベトナム人の駆け込み寺
 助けるほうと、助けられるほうをつくっちゃいけない
 ベトナム人僧侶は実習生たちのアニキ
 「日本はもう、来たくないですね」
 技能実習制度が失敗した理由
 徳林寺の大きな家族

Chapter 6 なんでも対象外の難民たち
 多くの外国人が助かったという「10万円給付」だが……
 言葉や文化も奪われた人々
 保険もない、就労もできない「仮放免」という立場
 解体や工事現場で働くクルド人たち
 コロナ禍で減少する仕事、増える労働事故
 病院に行きたくても行けない
 東京オリンピックの「難民チーム」の陰で

Chapter 7 “職域接種”するフィリピンパブ嬢たち
 栄4丁目、通称「女子大小路」
 街全体がクラスター化してしまった
 1000人のフィリピンパブ嬢がワクチンを職域接種
 お金がなくなると「ウータン」でしのぐ
 東海地方の工場労働者を支えてきた存在
 ワクチン接種でみんな明るくなった

Epilogue 「コロナはチャンス」したたかな商売人たち
 新大久保の外国人人口は1000人減だけど
 コロナ禍なのに出店ラッシュ
 コロナで空いた物件をいまのうちに押さえたい
 アジアの「市場」と化した新大久保
 この街はコロナに負けなかった

 おわりに

 初出一覧・主要参考文献
著者略歴
室橋 裕和(ムロハシ ヒロカズ murohashi hirokazu)
フリーライター。1974年生まれ。週刊誌記者を経てタイに移住。現地発の日本語情報誌でデスクを務め,10年にわたりタイおよび周辺国を取材する。2014年に帰国したあとはアジア専門のライター,編集者として活動。「日本に生きるアジア人」「アジアに生きる日本人」をテーマとしている。 〔主要著書〕 『ルポ 新大久保:移民最前線都市を歩く』辰巳出版,2020年 『日本の異国:在日外国人の知られざる日常』晶文社,2019年 『バンコクドリーム:「Gダイアリー」編集部青春記』イースト・プレス,2019年 『おとなの青春旅行』(下川裕治との共編)講談社,2018年
タイトルヨミ
カナ:ルポコロナカノイミンタチ
ローマ字:rupokoronakanoimintachi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

明石書店の既刊から
異文化間教育学会/編著
もうすぐ発売(1週間以内)
講談社:堂場瞬一 
経団連出版:楠山精彦 和田まり子 NPO法人キャリアスイッチ 
河合出版:河合塾数学科 
ポプラ社:塚本やすし 
河出書房新社:米本浩二 
SBクリエイティブ:千羽十訊 ミュシャ 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。