近刊検索 デルタ

2019年8月8日発売

化学同人

繰り返す天変地異

天体衝突と火山噴火に揺さぶられる地球の歴史
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
1980年に発表された,巨大隕石による恐竜などの大量絶滅の仮説は,メキシコ・ユカタン半島で発見された6600万年前の巨大クレーターにより証明された.本書は,この「新天変地異説」をさらに発展させ,地球の地質学的進化を宇宙・天体研究から論じる.地球は,彗星や隕石などの上からの衝撃と,火山の噴火などの下からの衝撃に晒されている.著者は,世界各地のクレーターや地質記録を訪れ,太陽系や銀河における地球の位置づけが,この惑星の地質学と生命史の理解に必要と説く.自身が提唱するシヴァ仮説を紹介し,ダークマターによる影響の可能性にも触れる.
目次
第1章 天変地異説 vs 漸進主義説
第2章 ライエルの法則
第3章 アルバレスの仮説
第4章 大量絶滅
第5章 キルカーブとストレンジラブ・オーシャン
第6章 自然選択と天変地異説 チャールズ・ダーウィン vs パトリック・マシュー
第7章 衝突と大量絶滅 時期は一致しているか
第8章 大量死 ペルム紀末期の大量絶滅
第9章 壊滅的な火山噴火と大量絶滅
第10章 大昔の氷河堆積物か,それとも天体衝突による堆積物か
第11章 シヴァ仮説 彗星シャワーと銀河の回転木馬
第12章 地殻の大変動とダークマター
著者略歴
Michael R. Rampino(マイケル・R・ランピーノ maikeru・R・ranpiino)
小坂 恵理(コサカ エリ kosaka eri)
タイトルヨミ
カナ:クリカエステンペンチイ
ローマ字:kurikaesutenpenchii

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

化学同人の既刊から
長谷川健/編集 川﨑英也/編集 中原佳夫/編集
ロバート・M・ヘイゼン/著 渡辺正/翻訳
神戸宣明/編集 安田誠/編集
辰巳砂昌弘/編集 今中信人/編集
本日のピックアップ
経済産業調査会:吉田親司 
中西出版:玉山和夫 
日本能率協会マネジメントセンター:長瀨佑志 斉藤雄祐 
労働教育センター:労働問題研究会 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。