近刊検索 デルタ

2021年4月26日発売

学苑社

人とのかかわりで育つ 言語・コミュニケーションへのアプローチ:家庭・園・学校との連携

家庭・園・学校との連携
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
子どもの興味を広げ、発見や喜びを思わず伝えたくなるような環境の作り方から、支援者同士が専門性を活かし合い、子どもの経験を豊かにするためのかかわり方を解説。幼児・児童にかかわる言語聴覚士(ST)必携の書。
目次
目 次
Ⅰ 言語・コミュニケーションへの発達支援のエッセンス
1  言語・コミュニケーションの発達段階 
2  前言語期(❶)の子どもにおいて育てたい力は何か? 
1)「周りの世界の意味がわかる」 
2)「働きかけるレパートリーをもっている」 
3)自分が受け入れられる環境が用意されている 
3  発達段階ごとの「ことばの働き」 
1)❶前言語期段階におけることばの働き 
2)❷単語~語連鎖段階におけることばの働き 
3)❸統語~談話段階におけることばの働き 
4)❹学習言語段階におけることばの働き 
4  言語・コミュニケーション発達を支える諸要因と支援の要点 
1)ものを介してかかわる―共同注意にもとづくやりとり 
2)子どもへの語りかけの調整 
3)子どもの発話へのフィードバック 
4)ルーティンの活用 
5)情動性豊かなかかわり 
6)学習言語段階での支援 
Ⅱ 環境づくりからの子どもへのアプローチ
1  言語やコミュニケーションに課題のある幼児・学齢児 
1)相談と行動観察
(1)相談を通して保護者の子ども理解を促進する 
(2)相談の事例 
2)個別セッション 
(1)個別セッションを通しての保護者支援 
(2)個別セッションにおける他職種との連携 
(3)物理的な環境調整―発達段階ごとの個別セッションの環境づくり
(4)やりとりの中断の検証 
3)子どもへのアプローチ
(1)「個別セッション」の意義とは
(2)言語の個別セッションにおける担当者の役割とは 
(3)絵本のカスタマイズ―子どもの発達課題に合わせた働きかけの工夫 
(4)ブロックのカスタマイズ―玩具を使ったコミュニケーション活動 
(5)絵カードやミニチュアは何のために使うのか 
(6)小道具を使った「演出」のコツ
(7)「共演者」としての心がけとは 
2  肢体不自由・知的障害の重複障害のある子ども(幼児・学齢児)
1)環境づくり 
(1)障害のない乳児は自ら育つ環境をつくり出す力がある 
(2)肢体不自由や知的障害を併せもつ重複障害のある子どもの場合 
(3)重症児のコミュニケーション支援―環境づくりの目的 
(4)感覚の評価とあきらめないかかわり
(5)認知面の評価と環境=子どもの変化がわかる日々のルーティン 
(6)記録と情報共有でアセスメントの精度をあげる、支援につなげる 
2)姿勢の工夫 
3)感覚活用するための工夫 
(1)見える環境を作る 
(2)聞こえる、音に気づける環境を作る 
4)AAC を始めるならば 
(1)豊富な情報提供を 
(2)独力でなくても大丈夫―コミュニケーションを楽しもう 
(3)拡張する支援は大切 
5)子どもの時間を充実させるための環境―遊びの大切さ 
6)肢体不自由のある子どもへのアプローチ 
(1)外界への気づきを促すおもちゃ遊び 
(2)たっぷり自分のペースで遊ぶ経験とその効用 
(3)日常生活を助けるシンボルの活用 
(4)AAC―コミュニケーションの質と効率そして手立ての選択 
(5)主体的に生きるためのコミュニケーション能力を育てる 
(6)言語コミュニケーションの専門家に求めること 
Ⅲ 幼稚園・保育園・学校との連携
1  園への巡回相談
1)情報収集
(1)社会資源についての情報収集 
(2)対象児についての情報収集
2)対象児の行動観察
(1)園巡回における行動観察の配慮点
(2)場面ごとの着眼点
(3)アセスメント
3)園との情報交換 
(1)主訴と合致するエピソードを共有する
(2)妥当だった支援内容を言語化して伝える
(3)対象児の困難場面を具体的に伝える
(4)改善が望ましい点を指摘する
(5)今後に向けて
4)園巡回の具体例
(1)発音が不明瞭な子ども
(2)ことばの使用が少ないマイペースなKくん
(3)理解力が全般的にゆっくりなLくん
(4)言語指示だけではイメージすることがむずかしいMくん
(5)目に見えたものに気持ちが移りがちなNちゃん
(6)ルール理解がむずかしいOくん
2  学校と特別支援教育
1)特別支援教育と学校種
2)特別支援学校
(1)知的障害特別支援学校の特徴
(2)肢体不自由特別支援学校の特徴
(3)特別支援学校における教育課程
(4)各教科等を合わせた指導
(5)肢体不自由特別支援学校における教育課程
3)通常の小・中学校における支援の場
(1)特別支援学級
(2)通級による指導
4)学校内の組織と運営
(1)教員の組織
(2)校務分掌
(3)特別支援教育コーディネーター
5)学校現場での近年の動向
6)個別の教育支援計画と個別の指導計画
3  学校における外部専門家としての役割
1)外部専門家として期待されること
2)行動・学習面の観察からの知見の整理
(1)児童生徒の行動や学習の様子
(2)学びの環境
(3)大人のことばかけの仕方
3)個別的なアセスメントの実施
4)障害等に関する専門的な知見の提供
5)指導法や教材、生活・授業環境等に関する助言 
6)通常学級で学ぶ児童の困難への対応例
7)保護者への助言
著者略歴
大伴潔(オオトモキヨシ ootomokiyoshi)
東京学芸大学特別支援教育・教育臨床サポートセンター教授、言語聴覚士
綿野香(ワタノカオリ watanokaori)
おさかなルーム、言語聴覚士
森岡典子(モリオカノリコ moriokanoriko)
東京都立村山特別支援学校教諭、言語聴覚士
タイトルヨミ
カナ:ヒトトノカカワリデソダツゲンゴコミュニケーションヘノアプローチ
ローマ字:hitotonokakawaridesodatsugengokomyunikeeshonhenoapuroochi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

学苑社の既刊から
野呂文行/監修 高橋雅江/監修 永冨大舗/著 原口英之/著
加我君孝/監修 小渕千絵/著・編集 原島恒夫/著・編集 田中慶太/著・編集 坂本圭/著 ほか
山下夕香里/著 武井良子/著 佐藤亜紀子/著 山田紘子/著
もうすぐ発売(1週間以内)
みらいパブリッシング:北山建穂 
文藝春秋:堂場瞬一 
講談社:はっとりひろき 
講談社:谷口雅美 あわい 
松籟社:荒俣宏 紀田順一郎 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。