近刊検索 デルタ

2021年5月11日発売

金剛出版

アンドレ・グリーン・レクチャー

ウィニコットと遊ぶ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
フランスの精神分析家アンドレ・グリーンは,精神分析の理論と実践,文化と文学の精神分析的批判に関する数多くの論文や書籍を執筆し,「デッドマザー・コンプレックス」や「ネガティブの作業」の概念で知られている。

グリーンは,精神科医としてエーに師事し,1960年代初頭のラカンとの運命的出会いと理論的決別を経て,ソシュール,パースの記号学・言語学の仕事を豊かな発想で精神分析理論に昇華させた崇高な分析家であり,1975年から1977年まで,国際精神分析協会の副会長も務めている。フロイト,ラカン,クライン,ビオン,ウィニコットとの理論的な対話を通して現代精神分析に大きな影響を与えたインディペンデントな思索家でもある。

アンドレ・グリーンの五つの講義で構成された本書は,ウィニコットの研究をしているスクウィグル財団においてなされた講義をもとにしたものであり,ウィニコットの理論を現代精神分析における最も重要な概念へとさらに洗練させている。そして,ウィニコットを読むうえでの最良の解説書であるとともに,グリーン自身の難解な理論に関する入門書とも言えるものである。
目次
日本語版に向けての紹介/ジャン・アブラム
編者による緒言/ジャン・アブラム
第一講 精神分析臨床における経験と考えること
第二講 諸対象と主体
第三講 第三性について
第四講 ウィニコットの遺稿:『人間の本性』について
第五講 『遊ぶことと現実』におけるネガティブの直観
著者略歴
アンドレ・グリーン(グリーン・アンドレ guriin・andore)
ジャン・アブラム(アブラム・ジャン aburamu・jan)
鈴木 智美(スズキ トモミ suzuki tomomi)
石橋 大樹(イシバシ ヒロキ ishibashi hiroki)
タイトルヨミ
カナ:アンドレ・グリーン・レクチャー
ローマ字:andore・guriin・rekuchaa

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

金剛出版の既刊から
シンディ・N・アリエル/著 あさぎ真那/翻訳
アンドレ・グリーン/著 ジャン・アブラム/編集 鈴木智美/翻訳 石橋大樹/翻訳
一般社団法人日本公認心理師協会/監修 髙橋幸市/編集 徳丸享/編集 増沢高/編集
木部則雄/監修 平井正三/監修 吉沢伸一/編集 松本拓真/編集 小笠原貴史/編集
もうすぐ発売(1週間以内)
みらいパブリッシング:北山建穂 
文藝春秋:堂場瞬一 
廣済堂出版:紺野ぶるま 
講談社:はっとりひろき 
幻冬舎:小林由香 
講談社:谷口雅美 あわい 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。