近刊検索 デルタ

10月20日発売予定

金剛出版

現代精神分析基礎講座 

精神分析学派の紹介1-クライン学派,対象関係論
現代精神分析基礎講座
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
第3巻では,クライン学派と対象関係論(独立学派)を紹介する。
精神分析は,S.フロイトから出発し発展していくなかで,無意識という概念を軸に,ひとのこころのありようを探索し理解するさまざまな方法が検討され,概念化,理論化されて,臨床技法が磨かれていった。

そうしていくつかの学派が形成され,精神分析の適応も拡大している。そのなかで,子どもの治療に携わったクラインによる早期の対象関係に着目した学派にクライン派がある。フロイトが対象外とした精神病患者や自己愛的な患者との分析臨床からは,こころの機制についての理論が精緻化された。治療困難な患者の理解やアプローチについての考えが推敲されている。

英国の自我心理学派,クライン学派,および独立学派は,1942年から44年にかけて行われたアンナ・フロイト=クライン論争の結果生まれた。すなわち,精神分析理論の正統性を巡って,アンナ・フロイト率いるグループとクライン率いるグループが火花を散らして大論戦を繰り広げたが,そのどちらにも与しなかった人たちが独立学派と呼ばれるようになった。この状況を評して,英国の外では男性が,内では女性が戦争をしていた,と言われた。私は,このように,英国の学派が,戦争にも喩えられる厳しい状況を経ることによってその主張や立場の違いが検討され明確にされたところに創造性を見出す。

これは,聖徳太子の時代から「和を以って貴し」とされてきている日本と異なり,西欧では人と異なる意見を持つことにその人の価値があるとされてきている文化の一つの結果とも言えよう。
目次
刊行のことば◎古賀靖彦
第3巻の紹介◎鈴木智美
第1講 クライン◎古賀靖彦
第2講 ビオンの臨床研究◎衣笠隆幸
第3講 ローゼンフェルドの分析臨床◎松木邦裕
第4講 スィーガル,ジョセフ◎松木邦裕
第5講 現代クライン学派◎古賀靖彦
第6講 対象関係論・独立学派◎鈴木智美
第7講 フェアバーン,ウィニコット◎北山修
第8講 フェレンツィ,バリント◎西園昌久
第9講 現代独立学派◎鈴木智美・松木邦裕
第3巻のおわりに◎古賀靖彦
著者略歴
古賀 靖彦(コガ ヤスヒロ koga yasuhiro)
日本精神分析協会 精神分析インスティテュート福岡支部(ニホンセイシンブンセキキョウカイ セイシンブンセキインスティテュートフクオカシブ nihonseishinbunsekikyoukai seishinbunsekiinsutiteュュtofukuokashibu)
タイトルヨミ
カナ:ゲンダイセイシンブンセキキソコウザ ダイ3カン
ローマ字:gendaiseishinbunsekikisokouza dai3kan

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

金剛出版の既刊から
アルド・R・プッチ/著 森重さとり/翻訳 石垣琢麿/翻訳
H.G.ローゼン/著 R.J.メイヤーズ/著 J.E.スミス/著 松本俊彦/監修 境泉洋/監修 ほか
菱田繁/監修 山村武彦/著・編集 木下博之/著・編集
日本精神病理学会書籍刊行委員会/編集 清水光恵/編集 芝伸太郎/編集 熊﨑努/編集 ほか
メリッサ・K・ラニアン/著 エスター・デブリンジャー/著 亀岡智美/監修 花房昌美/監修
もうすぐ発売(1週間以内)
中央公論新社:中村圭志 
アリス館:やまぐちりりこ 土屋富士夫 
ニュートンプレス:マイケル・シュレージ 椿美智子 杉山千枝 山上裕子 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。