近刊検索 デルタ

2月19日発売予定

彩流社

徹底解読『ねじ式』(仮)

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
戦争の悲惨、高度成長、崩れ去る日本の原風景……
つげ義春の漫画に潜む「知里幸恵から連なる日本人の死生観」
の観点から『ねじ式』のヒミツを解読する。
『つげ義春「ねじ式」のヒミツ』(響文社)刊行から
はや二年。先著を補完する渾身の漫画論、決定版!
【図版多数】収録!
著者略歴
矢崎 秀行(ヤザキヒデユキ yazakihideyuki)
やざき・ひでゆき 1956年、甲府市生まれ。山梨県立甲府一高卒業。 早稲田大学政経学部経済学科を中退し、 東京の私塾「寺小屋教室」で日本思想史を学ぶ。 早大政治学科に再入学し卒業。讀賣新聞東京本社入社、新聞記者。 文化事業部で展覧会プロデューサーを経て、 現在、公立美術館のネットワーク組織・美術館連絡協議会事務局に勤務。 夜の写真学校26期生。写真家・瀬戸正人氏に師事。 主な著書に『つげ義春「ねじ式」のヒミツ』(響文社、2018年)がある。
タイトルヨミ
カナ:テッテイカイドクネジシキ
ローマ字:tetteikaidokunejishiki

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

彩流社の既刊から
二階堂卓也/著
鈴木れいこ/著
本日のピックアップ
日本評論社:升永英俊 
学文社:角南なおみ 
技術評論社:金谷敏尊 甲元宏明 三浦竜樹 中村孝 内山悟志 舘野真人 マーク・アインシュタイン 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。